今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
中国製の機械も製品により買取可能!
[`yahoo` not found]

中国製の機械とは? 

中国製の機械とは?

メイド・イン・チャイナというと昔はあまり良く思わなかったと思いますが、最近の中国製の製品は品質が高くなってきたと感じられます。

品質が悪いと日本との取引ができなかったり、結局長続きしなかったりなど輸出の限界を感じたことが一つの原因といえるでしょう。

最近の中国製の機械は中国製だからといって品質が悪い、ということはあまりなくなりました。

中国製と言っても日本に輸出する中国製と、他の第三国に輸出する中国製とはまた質の差があるようにも感じられます。

中国製機械のメリットである低価格と短納期は、日本から見てもとても魅力的な部分であると言えるでしょう。

もちろん短納期だからといって品質が悪ければ日本は見向きもしなくなるので、これらを維持するために試行錯誤した結果が現在の状況となっているのではと考えられます。

最近では中国製の機械が世界的にも大きなシェアを占めており、その中でも工作機械の生産高はドイツや日本を差し置いて1位となっています。

もちろん中には精度の悪いコピー品もあるようですが、全体的に中国製機械の質が良くなっているのは確かです。

価格が安く高精度の中国製機械を効率的に利用する価値があると考えられます。

昔は粗悪品が多かった中国の機械

昔は粗悪品が多かった中国の機械

昔は中国製だというだけで見向きもしなかった時代がありました。

同じ製品でも日本製は長期間故障することもなく使用できるのが当たり前なのに、中国製は使ってすぐに不具合が見つかったりすぐ故障したりと、やっぱり中国製だからかという考え方が定着していました。

価格は安くて手に入れやすかったりしましたが、いくら安くてもすぐに壊れてしまうなら意味がありませんよね。

そんな中で最近の中国製は変わりました

昔の安かろう、悪かろうという中国製に対する認識を全く変えてくれる、新しいメイド・イン・チャイナに対する認識が生まれてきました。

中国には最近工作機械メーカーが多くなり、世界的な地位も確保しつつあります。

日本だけでなく世界を相手にすることから、悪い品質ではビジネスはできません。

中国の国営系企業で工作機械生産の約1/4を占める巨大メーカーが誕生し、中国製に対する世界の目が変わりました。

今では中国製というだけで嫌がる人もいなくなり、中国のどこのメーカーの製品なのかという見方に変わってきました。

中国の世界進出は目を見張るように変化し続けており、これからも注目すべきだと考えられます。

中国の人件費の上昇で中国製の機械も値上がり

中国の人件費の上昇で中国製の機械も値上がり

昔は人件費が安いということから中国に工場を設置して製造は中国で行なう、という考え方をしていました。

現在では中国での物価や人件費も上がり、日本の多くの企業も中国で製造するよりもフィリピンやベトナムで、という考え方に変わって来ました。

中国での人件費はここ20年間で5倍に上がったといわれており、これに伴い中国製の機械の価格も大幅にアップしました。

現在では中国でも価格の安さを見込んでメキシコからの輸入を大幅に行なっているということです。

中国自体も人件費が大幅に上がったことにより、中国がこれからどのように製造業で生き残るか苦悩している、ということです。

中国製の機械は昔に比べて質も良くなり安心して購入することができるようになりましたが、過去のように低価の製品は期待できなくなりました。

中国製を購入する時には安さではなく製品の質や高機能など、過去に日本製品にだけ求めていた内容を中国製品に期待しなければならないでしょう。

これからは機械の安さを求めるならば中国製ではなくフィリピン、ベトナム、メキシコ製など他の国々に期待するしかなくなりました。

時代は大きく変化しています。

これからも世界の変化に注目する必要があるでしょう。

中国製の機械も製品により買取可能!

昔はメイド・イン・チャイナというと安くて性能が悪いとか、すぐ壊れるというイメージがあったかもしれませんが、現在はそれが180度変わりました。

中国製の機械の価格は高くなった代わりに、性能は良くなりすぐ壊れるということも少なくなりました。

現在中国製の機械は世界の市場でもあちこちに輸出されていて、世界でも有名なトップメーカーも数多く存在します。

人々の中国製に対する認識も変わって、中国のメーカーを意識して利用する消費者増えてきました。

これらを背景として現在は、中国製の機械のリユースも可能になり、中国製の機械の買い取りも積極的に行なうようになりました。

会社や工場で今はもう使わなくなってしまった、中国製の機械をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

おられましたらまず業務用機械買取ドットコムご連絡くだされば、丁寧に仮査定を行って買取価格をお知らせしますよ!

中国製の機械にもいろいろありますが、まずどちらのメーカーのどのような機械なのか、今の状態はどうなのかなどを詳しく教えていただけたらと思います。

また、中国製の機械によっては買取できない製品もありますので、まずはお問い合わせいただけたらと思います。