今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
重塩害対応 パワコン 買取
[`yahoo` not found]

2015年6月26日

只今、弊社では重塩害対応パワコンの買取を行っています。

そこでまずは、パワコン(パワーコンディショナー)についてですが、太陽光発電システムなどで発電された直流電気を家庭用の交流電気に変換するインバーターの一種になります。

その他にも、エネファームやエコウィルなどの家庭用発電システムで発生する直流電気も交流電気に変換することが可能です。

またさらに、バッテリーやニッケル水素電池・リチウムイオン電池等々の蓄電池への充電も可能です。

こうしたパワコンで代表的なメーカーには、ドイツ系企業のSMAジャパンやオムロン・安川電機・デルタ電子などがあります。

ところで日本は島国なので海岸に近い地域は、電気機器の表面のみならず内部にまで腐食が進行してしまうという塩害被害が多いといわれています。

もちろん海からの塩分のみならず、雨風による影響も想定されます。

従って海に近い地域の場合、塩分を多く含んだ潮風の影響が懸念されるために、太陽光発電システムを設置するにはかなり問題があります。

そうした国内事情というものがありますが、海岸線から500m以内の重塩害地域にも設置可能な重塩害対応パワコンが、現在のところオムロンなどから発売されています。

その他、安川電機や東芝・シャープなどからも販売されています。

ちなみに、こうしたパワコンには5.5kWや4.4kWという容量があります。

従って、ソーラーパネルが5.5kWのものを設置していても、パワコンの容量が4.4kWしかない場合には5.5kWという発電は当然望めないということになってしまいます。

そうしたことから、太陽光からより多くの電力を得るためには、太陽光という天然のエネルギーを直流の電気エネルギーに変換する太陽電池セルや、直流を交流に変換するパワコン両方の効率や容量の向上が今後期待されるところでもあります。

弊社では、こうした重塩害対応パワコンの不要になったものや、買い替えを検討している方々のために高価買取を行っています。

もちろん、そのための査定は無料ですので、お気軽にお電話・メールでのお問い合わせやご相談をお待ち申し上げております。

重塩害対応 パワコン