今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
木材破砕機 買取
[`yahoo` not found]

2017年9月14日

木造住宅を解体した際には、大量の木材廃棄物が発生します。

あるいは製造工場や配送倉庫などでは、使えなくなった壊れた廃棄パレットが大量に発生します。

こうした廃棄木材は、一般的には機械で破砕処理を施して二次部材として用いられています。

ちなみに二次部材の再利用の例としては、パルプの原料として再利用されたり、ボイラーなどの燃料として利用されています。

その他にも、堆肥や有機肥料の原料として利用されたり、家畜を飼育する際にコンクリートは冷たいのでその上に敷き詰めたりもされます。

ところで、こうした木材を破砕する機械を木材破砕機と呼んでおり、その破砕方式にも様々な様式があります。

例えば、一軸方式・二次軸方式・ハンマー方式などの木材破砕機械が挙げられます。

また、今日では解体現場ですぐに破砕が可能なキャタビラーやタイヤの付いた自走式の木材破砕機もあります。

こうした破砕機械には、粉砕機というものもありますが、破砕機と粉砕機の大きな違いは、破砕後や粉砕後の対処物の大きさに大きな違いがあります。

とくに、細かい粒状にする粉砕機に対して、木材の場合には小さなチップの状態に砕くために、そのほとんどが破砕機で砕くようになっています。

それから、木材破砕機の中にも一軸方式・二次軸方式・ハンマー方式等々の機械があると申しましたが、それらの各機械によっても破砕後の木材のチップの大きさに多少の違いがあります。

そうした違いは、もちろん各破砕機の破砕方法に違いがあるからですが、例えば一軸方式の破砕機の場合、回転刃に木材を押す付けることによって木材を削り取るようにして破砕処理がなされます。

一方、二次軸方式の破砕機の場合には、紙をシュレッターするように二枚の刃で木材を切るようにして破砕処理が施されます。

さらにハンマー方式の破砕機は、文字通り木材をたたき割るようにして破砕処理がなされます。

只今、弊社ではこうした木材破砕機の高価買取をさせていただいております。

事業所内で使わなくなった木材破砕機や木材破砕機の買い替えを検討している方は、ぜひとも弊社にご相談下さい。

皆様からのお電話やメールでのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。

木材破砕機