今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ステレオカメラ
[`yahoo` not found]

ステレオカメラの買取

ステレオカメラの買取

ステレオカメラとは?

ステレオカメラとは

ステレオカメラというのは、簡単に言えば1台で両眼視差ができる種類のカメラのことです。

そのため、立体的な撮影可能になるのですが、個人で保有しているという人は少ないでしょう。

最近はスマートフォンや携帯電話に備え付けられているカメラを使用する人も多いですし、購入してもデジタルカメラが多いと言えます。

プロのカメラマンなどは一眼レフカメラを使用することが多いでしょうが、ステレオカメラを使う人はやはり少なくなっています。

いろいろなメーカーから販売されているのですが、昔に比べるとかなり数が少なくなっていると言えるでしょう。

もちろん日本のメーカーからも販売されているのですが、やはり外国のメーカーが多くなっています。ピュワーと呼ばれている機械を用いることで、より立体視が可能になるのです。

ステレオカメラは、一般的なデジタルカメラに比べると、値段が高くなっている傾向にあります。もちろんメーカーや種類によって、値段の幅が大きくなっていることはいうまでもありません。

最近はカメラレンズに専用のアダプターを装着することで、普通のカメラでもステレオカメラのような撮影をすることが可能になっています。

このような撮影方法は、交通事故の現場やその他いろいろな事故現場などの撮影に用いられているのです。

昔は2眼レフカメラというのが存在しており、実際に使用していたという人もいるでしょう。この2眼レフカメラもステレオカメラの一種なのです。もちろん現在でも販売されています。

テレビやラジオなどのステレオとモノラルを思い浮かべてもらうとよくわかるでしょう。

テレビやラジオの場合には、複数の箇所から音が聞こえるものをステレオと呼んでおり、1つの箇所からしか音が聞こえないものをモノラルと呼んでいます。

カメラの場合にも同様で、複数の箇所を1つのカメラを使って1度で撮影ができる、レンズが複数取り付けられている種類がステレオカメラなのです。

ちなみに日本で有名なステレオカメラのメーカーと言えば、パナソニックや富士フイルムなどがあります。

ステレオカメラを高価買取してもらうポイント

まずカメラに関して重要な部品はレンズです。

そのため必ずレンズに傷がないか確認しましょう。
そして汚れなども査定が下がってしまう原因となります。

レンズの汚れや部品の隙間に汚れやカビ、埃やゴミなどが詰まっていないか確認し掃除をしましょう。

他にも動作確認が必要となります。
フィルム送りピント合わせ正常に行われるかしっかりチェックしましょう。

それぞれの動作に関してレスポンスが遅い場合は、正常とみなされない場合もあります。

そして販売時期や使用年数なども査定対象となるので、買取の際にお伝えください。

付属品もきちんと揃っていることが高価買取の条件にもなります。

オプション品などがあれば更に高価買取も期待ができるでしょう。

ステレオカメラを買取したお客様の体験談

ステレオカメラを買取したお客様の体験談

パナソニックのステレオカメラが高価で取引

趣味でカメラを始めたものの、デジタルカメラに今は移行したのでステレオカメラを買取に出しました。

こちらではステレオカメラなどは珍しい物として取り扱われていたため、かなり高額で買取していただくことができました。

ちょっと古めのものでしたが、あまり使用していなかったので割と美品として扱ってもらうことに。

これだけでも有難いものでしたが、送ってからというもの、即査定が行われたようでかなり早くにお返事ももらうことができたんです。

手続き的にも簡単だったのにここまで早いかと思うとびっくりしました。

また扱いも丁寧で査定もしっかりしていました。

早くてしっかりというので安心感もあるので、今後も利用を検討しています。

ステレオカメラ リシャールも買取が可能でした

ステレオカメラってマニアックすぎて、なかなか買取してもらえるところがなかったんですよね。

ですがこちらでは快く受け付けてくれて、本当に助かりました。

買い替えの資金にもしたかったので、買い取ってくれるだけでも有難いものです。

それに買い替え資金の話をしたら申し込みの際に掃除とか付属品の確認までしてくれて、そのおかげで高価買取になりました。

今度からはこちらでお願いしようと思うほど対応も良かったので、友人にも進めようと思います。

代表的な製品

2006年に発売されたステレオカメラ「ホースマン 3D」は、どんな被写体も捉えることが出来る超高速シャッターを搭載しています。

夜間の撮影にも対応することが可能で、今だに根強い人気があります。

50~60万円程度の価格で販売されています。

また「FinePix REAL 3D W1」は、2009年に富士フィルムから発売されたステレオカメラです。
立体表示が可能な液晶ディスプレイや、2組あるレンズとCCDが特徴的です。

付属品やオプション品

ステレオカメラは本体だけではなく、製品ごとに付属品があります。
充電式バッテリー、ACアダプター、USBケーブル、説明書、ストラップ、CD-ROMなど。
こうした付属品の有無によって、買取価格は上下します。

ステレオカメラの使い方

ステレオカメラの使い方

ステレオカメラを使う時は、他のデジタルカメラと同様に手ブレを防ぐために両手でしっかりと持つ必要があります。

ズームを調整したり、ピントを合わせたりしながらシャッターボタンを押しましょう。

また多くのステレオカメラはバッテリー式となっていますので、外で使う時にはあらかじめ充電しておく事を忘れないようにしましょう。

製品ごとによって使い方には差異もありますので、ステレオカメラを購入した際には説明書をよく読んでおきましょう。

ステレオカメラの修理方法

ステレオカメラが故障をした時は、メーカーに修理を依頼をしましょう。

ただ故障かと思ってもそうとは限らないケースもありますので、まずは取扱説明書のトラブルシューティングチェックをすることをおすすめします。