今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ハングドラム
[`yahoo` not found]

ハングドラムの買取

ハングドラム買取

ハングドラムとは?

ハングドラムとは

まるでUFOのような不思議な形が特徴のハングドラム、実は見た目では想像がつきませんが楽器の一つなのです。

UFOのような中華鍋を合体させたような形ですが、上部を手で叩いたりすることによって柔らかな音が出るようになっています。

また表側には細かなへこみが複数あり、これにより音階がつけられているのでリズムだけではなくメロデイーを奏でることができるのです。

裏側には中央に大きなへこみがあるだけですが、こちらも音が出るようになっています。
表側を叩くとスティールパンのような音が出ますが、裏側はツボの楽器のような音が出ます。

この不思議な楽器「ハングドラム」はスイスにある楽器メーカーPANArt社で1999年に開発された楽器で、名前の由来はスイスのハング地方の言葉で「手」が「ハング」と呼ばれ、ここからつけられました。

またなんとも言えない優しい深みのある音も特徴ですが、この音は1ミリの特殊金属によって作り出されているのです。

ただ直径は50センチ以上あるので重さも4キロほど、薄さはあってもずっしりとした重厚感のある見た目の楽器でもあるのです。

音は比較的スティールパンに似ているとは言われていますが、ハングドラムの独特な音には癒される人々も多いため、この楽器の需要も日本国内では高いものとなっています。

少し前には職人2人で作られ約1000台ほどが年間で生産されていたそうです。

そのうちの50台ほど当時は日本にも入荷されていたとのことですが、PANArt社のハングドラムを普通に手に入れることはちょっと難しくもあり、オークションなどでしか手に入れられないという場合もあるそうです。

修理などは国内ではできないそうなので海外へ直接メーカーに修理依頼が必要となる楽器です。

ただそこまでしても手に入れたくなるほどのハングドラム、まだまだ日本でも需要が強く活躍の場も広がっているようです。

不思議な形なのに癒しの音を奏でるハングドラムの魅力はこれからもたくさんの人を魅了する楽器の一つとなるのではないでしょうか。

ハングドラムを高価買取してもらうポイント

ハングドラムはドラムの一種であり、楽器を買い取ってもらう場合は、最低限まずは見た目を綺麗にして見栄え良くしましょう。
汚れは掃除して綺麗にできれば綺麗にして、誇りがあれば拭いておきます。楽器は第一印象が大切なので、売る前には綺麗に掃除して見た目を良くしておきましょう。

説明書や保証書などの細かい付属品に、ケースなどがあれば、付属品からオプション品まですべて買ったときの状態にして売るようにします。
付属品などは欠けることなく、全て揃えた状態で売るようにしましょう。

もちろん楽器として正常に使用できることは言うまでもなく、マレットが折れている、ハングドラムの一部が破れていたり壊れていると、買取不可となる場合もあります。

ハングドラムを買取したお客様の体験談

ハングドラムを買取したお客様の体験談

30代男性 会社員

自分は珍しい楽器が好きで、中古でよく購入しています。
以前ハングドラムを購入したのですが、最近はいろいろな物が散乱していて、部屋が狭くなって何も置けない状態になってしまいました。

これではまずいと思い、あまり使っていない物を売りたいと思ったのですが、ハングドラムを買取してくれる業者がなくて困っていたのです。

そんなときに業務用機械買取ドットコムというサイトを見つけて買取依頼をお願いしました。
納得のいく値段で買取をしてもらえたので満足です。

40代女性 飲食店経営

最近仕事が忙しくなってしまい、ハングドラムを使う機会がなくなってしまいました。
しかし、売るにも買取をしてくれる業者がないので困っていたところ、知り合いから業務用機械買取ドットコムという業者で売れると教えてもらったのです。

楽器なのに業務用機械の買取を行っている業者で売れるのかと思ったのですが、ホームページを確認してみたところ、確かに買取してもらえると記載されていました。

半信半疑で問い合わせをしてみたところ、買取をしてもらえるというので依頼したのです。

しかも思っていた以上に高い値段が付いたので、また何か買取してもらいたい物ができたら、依頼してみたいと思いました。

代表的な製品

ハングドラムのメーカーとしては、PANArt、Space Drum、Rav Drum、Ajna Drum、Caisa Drum、Live MetalArt、Sonobe、db handpanなどと数多くのメーカーがあります。
製品としては、Afroton Caisa、BellArt Bells、Pantheon Stell Halo、Metal Sounds Spacedrumなどがあり、これ以外にも数多くの製品があります。

付属品やオプション品

ハングドラムの付属品としては、マレットがどの製品にも付属し、製品によっては専用ケースが付きます。
またオプション品としては、これはハングドラム専用ではありませんが、フレームドラムケースというケースが販売されています。

ハングドラムの使い方

ハングドラムの使い方

ハングドラムの使い方はとても簡単です。オプション品であるバチを使って叩くだけで音が出ます。

叩く場所によってどのような音が出るのかが変わってくるので、使い方は簡単になっているものの、しっかりと演奏するには練習が必要になるでしょう。

実はバチ使わなくても手で叩いてもしっかりとした音が出せるのです。

多くの人は手で叩いて演奏をしているのですが、どこを叩けばどのような音が出るのかを最初に覚えるようになるでしょう。

ハングドラムの修理方法

ハングドラムは比較的丈夫に作られているので、あまり故障するということはありません。

もちろん人が作った物なので、長年使用し続けていれば故障することもあるのですが、音が鳴らない場合には、購入した店やメーカーに修理に出しましょう