今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
パイプマシン
[`yahoo` not found]

パイプマシンの買取

パイプマシン買取

小型のみ買取可能。

パイプマシンとは?

パイプマシンとは?

パイプマシンは配管(ステンレス管・上水道管・一般配管・ガス管など)に使われる鋼管を接合するためのネジを切る・加工を行う工具です。手動で使用するパイプマシンはねじ切り機と呼ばれています。

電動のパイプマシンが開発される前までは、配管にネジ加工をする作業は手作業で行われていていましたが、ねじ切り器を回転させる作業は非常に体力必要とする重労働であり、また熟練された配管技術が必要とされていました。そのため手動の配管作業(ねじ切り作業)は現在でも配管の技能検定で実技試験にも使われています。電動のパイプマシンが開発されたことによってネジきり作業の切断・ねじ切り・面取り全ての作業機械で行えるようになりました。電動のパイプマシンが作られた当初はねじの大きさ・長さ・深さなどの調節をするのにはまだまだ職人の高い技術を必要としていました。

しかし日本の高度経済成長の時期にさまざまな建設現場でパイプマシンの需要が激増したため、パイ プマシン本体の性能も向上し、熟練したベテランの配管技士ではなくても簡単に使用できる高性能な電動パイプマシンが次々と開発されました。高度成長期には配管作業があらゆるエリアで求められ、ガス管などの工事も進みます。しかし技術のある配管技士の人手が足りなかったため、このような使いやすいパイプマシンの登場は画期的でした。パイプマシンは非常に大型の機械でしたが、バブル全盛期の時期にはコンパクトなデザインも開発され、持ち運びしやすくなりました。

現在ではガスや水道の配管は鋼管ではなくなり、ポリエチレンなどの樹脂管へと変わりました。そのためパイプマシンを作る会社も少なくなってきています。しかしその中でも日本でパイプマシンを引き続き作っているのはレッキス工 業株式会社で、国内シェアはトップリーダーです。レッキスは配管機械メーカーとして創業90年をむかえました。日本が誇るものづくりを続けている老舗会社です。

パイプマシンを高価買取してもらうポイント

高く買取て貰う為のポイントとは、ガスや水道の配管に使う鋼管を接合する加工がしっかりと出来るかどうかです。そして、本体と共に、ニップルアタッチメントカッティングオイル、パイプサポートやパイプ用マシンカッタホイールなどの付属品が一式揃っていると良いでしょう。
査定前には、パイプマシンが電動工具として作動するかどうかきちんと点検しておくことをおすすめします。また、本体を入れるケースが綺麗で、その中に付属品と本体が正しく収納されていることもポイントです。
パイプマシンが汚れていたら、ダスターで綺麗に拭き取っておきましょう。
更に、パイプマシンを1台ではなく、2台以上の複数で査定に出されることをおすすめします。

パイプマシンを買取したお客様の体験談

パイプマシンを買取したお客様の体験談

買取NGの機械でした、買取ってもらって助かりました!

切削ねじ加工機やねじ切り機などは、仕事関係上、家に余るほど沢山ありましたので、倉庫にまとめようとしても、全て入りきらず、精密機械ですので、自宅で保管していました。そこで、買取ってくれる業者をいくつか当たってみましたが、殆ど、断られてしまいました。中古品だから買取って貰えないのだろうと諦めていましたが、業務用機械買取ドットコムさんをネットで知りました。
もう、10台近くある機械買取って貰えた時は、とっても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

価格は気にしていなかったのですが、思わぬ高価買取にびっくりです!

某機械製品メーカーのレンタル業を営んでいます。パイプマシン自体は、使用出来るのですが、新しく買い替える際に、どうしていいか分からず、途方にくれていました。すると、会社の知り合いから、中古のパイプマシンを買取ってくれる業者さんを教えて貰いました。買取価格は、中古品でしたのであまり気にしていませんでした。
ところが、予想以上に高めの査定額でしたので、とっても嬉しかったです。これで、中古のパイプマシンを5台売り、そのお金で新品のパイプマシンを買えるので、凄く感謝しております。それに、不要な製品もスペースも空いたので、それも二重に嬉しいですね。

代表的な製品

REX レッキス工業株式会社NS25AⅢパイプマシン

コンパクトなデザインで軽量です。2重絶縁ブレーキ付きモーターが搭載されています。衝突防止スイッチ機能があり安全を重視した設計になっています。ネジの加工が最短16秒で行えます。

MCC 松阪鉄工所 パイプマシン ねじ切り ねじプロ50 

パイプマシンの本体はアルミニウム合金で作られているため非常に軽量です。高速度で作業を進める事ができて効率的です。ブレーキ付きモーター搭載で安全重視。カーボンブラシが使用限界になるとモーターが自動的に停止する機能も搭載されています。

付属品やオプション品

自動切上ダイヘッド、チューザー、ねじ切りオイル、超硬カッター、自動オープン転造ヘッド、予備カーボンブラシ、マシーン防水カバー、切削油、六角スパナ、キャスター、作業台、フットスイッチマシン、パイプ脚、主軸オイルレスメタル用油、手動ダイヘッドなどの付属品やオプション品があります。

パイプマシンの使い方

パイプマシンの使い方 width=

パイプマシンの使い方ですが、オイル水分が有る場所で使用するケースでは必ずアース線を接続し下さい。
電源スイッチをオンにして、主軸を空回りさせてパイプの揺れや異音が出ない事を確認してから作業を行って下さい。パイプの切断時には切断箇所を定め、パイプをしっかり固定して下さい。パイプ切断で注意する点は『切り込む時に力を入れ過ぎ無い』事です。強く切り込むとパイプの切断面が楕円形に歪む恐れがあります。
また、ねじ切りに使用する場合に注意する点はは『無理やり短管のねじ切りを行わない』事です。
往復台衝突防止機能が備わった機械ならばマシンの破損は避けられますが、この機能が無い場合はご注意下さい。

パイプマシンの修理方法

パイプマシンのトラブルで一番多いケースはダイヘッドの調整不良および各部品の摩耗による、ねじ切りの不良です。
その対処方法はチューザーの欠け・磨耗の場合は新品に交換して下さい。調整はご使用の機械に付属の取り扱い説明書を参照に行って下さい。