今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
冷却水循環装置
[`yahoo` not found]

冷却水循環装置の買取

冷却水循環装置の買取

冷却水循環装置とは?

冷却水循環装置とは?

チラーとも呼ばれている、冷却水循環装置。
この装置はその名前の通り、冷却水を循環させながら対象物を冷やすことが出来ます。
工場や研究所など、様々な施設に設置をされています。

冷却水循環装置は、工場や研究所などでどのような働きをしているのか。
ご説明をさせていただきます。
こうした施設には様々な機器が置かれているのですが、そうした機器には温度を一定に保つことが必要なものもあります。
その温度の調整ためによく用いられているのが水道水なのですが、しかし水道水は夏には温度が高くなるため、安定性に欠ける面もあります。
そこで登場するのが、冷却水循環装置です。

この装置を使用すれば、冷却水により機器を一定の温度に保つことが出来ます。
1年を通して温度を安定させたい時には、うってつけの装置と言えるでしょう。
そして冷却水準環装置のメリットは、それだけではありません。

冷却水準環装置のもう1つの大きなメリット。
それは、コスのト削減です。
冷却水循環装置の内部にはタンクが設けられており、水は装置内を循環します。
つまり排水がありませんので、水道水を使いきりで使用するよりも遥かに安上がりで済ますことが出来ます。
稼働状況にもよりますが、その節約コストは年間で何万何十万という金額にもなります。

そのため機器の冷却のために水道水を用いている企業にとっては、導入を検討する価値が大いにあると言えます。
冷却水準環装置は数十万円という高価な代物ではありますが、水道水で冷やし続けた場合のランニングコストを考えると決して高くはありません。

業務用機械買取ドットコムでは、冷却水準環装置の高価買取を行っております。
買い替えで現在使用している冷却水準装置が不要になった方や、施設を閉める方。
そのように冷却水準環装置の処分先を探している方は、ぜひ当店の宅配買取をご利用くださいませ。

複数台あるという方のご依頼も、大歓迎しております。
業務用機械買取ドットコムは、皆様のご利用をお待ちしております。

冷却水循環装置を高価買取してもらうポイント

冷却水循環装置は、あまり動かすということはありませんので、キズが付きにくい機械だと言えます。

ただし、スポット溶接などにも使用されているので、スパッタが飛ぶこともあるでしょう。工場で使用されていることも多いため、ホコリまみれになるケースもあります。そのため、表面だけでも頻繁に清掃をしておくことが、高額買取に繋がると言えるでしょう。

できるだけスパッタが飛ばない位置に設置する、汚れても掃除をしやすい位置に設置するなどの工夫をすることで、掃除がしやすくなります。

工場で使用する場合、物をぶつけてしまうこともあるでしょうが、十分に注意して取り扱いましょう。タンク内の清掃などのメンテナンス定期的に行うべきです。

冷却水循環装置を買取したお客様の体験談

冷却水循環装置を買取したお客様の体験談

50代男性 板金関連の会社経営

我が社では板金関連の仕事を行っているのですが、増税や物価高の影響で経営が厳しく、業務を縮小することになりました。
一部の業務用機械は売却したのですが、冷却水循環装置の買取金額があまりにも安く、別の業者に依頼しようと考えていた時に見つけたのが業務用機械買取ドットコムです。

清掃をして査定依頼をしたところ、思っていたよりも高い金額提示してくれたので、すぐに売却を決定しました。
他の業務用機械も、業務用機械買取ドットコムで売ればよかったと後悔しています。

70代男性 機械関連の会社経営

今まで機械加工を行っている会社の経営をしていたのですが、自分には後継ぎがおらず、社員もあと僅かで定年になってしまうため、会社をたたむ決意をしました。
できる限り今後の生活の足しにしたいので、現在導入している機械を売りたいと考えていたのです。

もちろん冷却水循環装置もいくつかあるのですが、業務用機械買取ドットコムというところがよいという書き込みをインターネットで見つけたので、問い合わせをしてみました。
冷却水循環装置をはじめ全ての業務用機械を買取してくれましたし、高額買取をしてもらうことができたので満足しています。

代表的な製品

様々なメーカーから販売されている、冷却水循環装置。
「東京理化器械株式」の「ACE-1100型」はラジエーターによる空冷冷却が採用されており、スペースを取らないコンパクトなサイズも特徴的な製品です。
安全面にも配慮されており、緊急停止機能が設けられています。

また同メーカーの「ACE-2000型」は冷凍機が搭載されており、5℃から30℃まで幅広い温度で冷却をすることが出来ます。
こちらも「ACE-1100型」と同様に、コンパクトなサイズとなっています。

付属品やオプション品

冷却水循環装置には付属品が存在をしています。
説明書、装置内循環用チューブ、配管結露防止用断熱材・・・。
どんな付属品かは製品によって異なりますが、製品のパフォーマンスを十分に発揮するためにはいずれも欠かすことは出来ません。

冷却水循環装置の使い方

冷却水循環装置の使い方

冷却水循環装置を使う場合には、冷却したい機械に接続しなければいけないため、通常は他の機械とセットになって販売されていることが多いでしょう。

別々に購入する場合には、使用できるか確認してから購入しましょう。後はホースを設置して、水を入れ電源を押せば水が自然と循環します。

水の量が減ってきたら足すようになるのですが、大半の冷却水循環装置は、水の量が規定量まで減ると、ランプが付くようになっているのですぐにわかるでしょう。

冷却水循環装置の修理方法

冷却水循環装置はホースを使用しているので、ホースが詰まっていないか確認してみましょう。

水の量が少なすぎてもきちんと循環できないので、水の量も確認するべきです。

特に問題ない場合には故障の可能性が高いので、すぐ業者に依頼しましょう。