今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
油圧パンチャー
[`yahoo` not found]

油圧パンチャーの買取

油圧パンチャーの買取

油圧パンチャーとは?

油圧パンチャーとは?

油圧パンチャーとは鋼板やステインレス版などの硬い素材穴あけ加工を施すことができる機械です。配線や配管などの穴あけ加工にも使用されています。油圧パンチャーは手動式電動式の2種類が販売されています。

手動式には一般的な油圧パンチャーに加え、ホースがついているものやケガキ作業専用のタイプも販売されています。一般的な手動式油圧パンチャーはペンチのように素材を挟みこんで穴を開けていきます。しかしこのタイプは素材に挟みこんで穴をあけるため、パンチャーの本体部分が分厚かったり大きかったりすることで、場所によってはパンチャーが届かなかったり、狭くて入れなかったりする欠点があります。そんな時に活躍するのがホース式の手動式油圧パンチャーです。

これはホースの先にパンチャー部分がついてるので狭い場所に入り込むことができます。細かな電気の配線配管現場活躍する機械です。電線の管の大きさによって付ける刃を選択して使用していきます。けがき作業用の手動式油圧パンチャーは他の手動けがき工具よりも綺麗にそして正確に穴あけ加工の目印を入れ込むことができます。

そしてこのような作業を全て電動で行う事ができる機械のことを電動油圧式パンチャーとよびます。この機械はパワフルに鋼板・ステンレス板などに穴を開けていくので作業中に鉄などの粉塵飛ぶ場合がありますので、目を保護するプロテクションゴーグルの装着が必要です。そして使用の際に気を付けなくてはならないのは、モーターの風が出てくる場所やポジションストッパー、ポンプケースの溝、ハウジングの先にある穴などの箇所をふさがないという事です。この部分に粉塵が溜まったり泥が詰まったりしていると機械に不具合が出てきてしまいます。

電動式の油圧式パンチャーには油圧オイルが必要となります。各メーカーで指定されている純正品の油圧オイルを入れて使用します。油圧オイルの廃油の処理方法は法令によって定められていますのでこの法令に沿って正しく処理をする必要があります。
油圧パンチャー

油圧パンチャーを高価買取してもらうポイント

油圧パンチャーを高価買取してもらうポイント

油圧パンチャーを高価買取してもらうためには本来の機能に問題ないことはもちろんですが、現場や工場などで使用されることが多いことから、汚れやキズ、サビなどがないものの方が高価買取の対象となります。
穴あけポンチやダイスなど擦り切れたりキズなどがないか、また予備のポンチやダイス、そして付属品である六角棒レンチやスパナなども揃っている方が査定アップの対象となります。
きれいな状態の商品ケースや油圧オイルなどもありましたら一緒にお送りください。
さらにオプション品のワークスタンドフットスイッチもありましたら査定の際にお申し出頂けたらと思います。

油圧パンチャーを買取したお客様の体験談

油圧パンチャーを買取したお客様の体験談 width=

専門的な工具の処分に困っていました

仕事で使用していた油圧パンチャーが必要なくなったので、どこか買取してくれる業者はないかと思っていました。
中古品の取引が増えていると感じていたのですが、業務上で使うような専門的なものはどこで取り扱っているのか知らず、すぐに問い合わせすることもできず数ヶ月過ぎていました。
油圧パンチャーを見るたびにこれをどう処分しようかと思っていたのですが、知り合いの同業者から業務用機械を買取してもらったという話を聞いたので、どこか教えて欲しいと業務用機械買取ドットコムの連絡先を教えてもらいました。
インターネットはよく分からないので教えてもらった電話番号にとりあえず電話して聞いてみようと思いました。
一言目からとても親切な対応が感じられて、油圧パンチャーの状態や使用年数などを伝えるとすぐに買取金額を教えていただくことができました。
私が想像していた価格よりもずいぶん良心的な価格を提示して頂くことができ、中古品でもきちんとした価格で買取してもらえるものなのだと感心しました。
ケースに入れて梱包してから宅配便にお願いして、その日のうちに配送しました。
不用品がゴミにならず簡単な手続だけで現金収入になったので、とても気分が良かったです。

父の使っていた道具を売るのに躊躇しましたが・・・。

父が仕事を辞めてから今まで使っていた油圧パンチャーが自宅の倉庫保管してありました。
母は使わないなら捨てたらどうかと言っていたのですが、父は捨てるのはもったいないといってそのまま保管し続けていたようです。
実家に戻ったときに母からその話を聞いたので、このような業務用機器も買取してもらえるのではないかと、インターネットで探してみました。
幸いすぐに業務用機械買取ドットコムというサイトを見つけたので、油圧パンチャーはどれくらいで買取ってもらえるのかと聞くだけ聞こう電話して見ました。
油圧パンチャーの状態を伝えて話を聞いてみると、もちろん買取可能だということだったので電話してよかったと思いました。
父が長い間使っていた物なので少し古いと私も感じていたのですが、それでもきちんと査定をしていただいた価格を提示されたので信頼することができたように思います。
捨てるのを反対してた父も誰かが効率的に利用することができるならということで、買取に賛成してくれました。
リユースということをよく話には聞いていましたが、実際行なうのは初めてだったので良い経験となりました。

代表的な製品

Makita(マキタ)携帯油田式 電動油圧式パンチャー

Makita(マキタ)携帯油田式 電動油圧式パンチャー PP150

穴の奥行は26mmまで貫通させることのできるパンチャーです。

育良精機(イクラ) 電動油圧式ミニパンチャー ISK-MP920

電動と油圧の複電式で消費電力をおさえることができます。

泉精器製作所 電動油圧式パンチャー REC55PDF ERobo

ステインレス板と軟鋼板に使用することができます。4インチまでの穴あけ加工をすることができます。

亀倉精機 電動油圧式パンチャー コードレス ポートパンチャー

コードレスでコードを巻込む心配がありません。ハンディーで使用しやすいデザインになっています。

付属品やオプション品

ポンチ、ダイス、取扱説明書、キャリイングケース、容器付き油圧オイル、グリップ、六角レンチ、スパナ、フットスイッチ、ワークスタンド、ストラップ、肩掛けベルト、替え刃、メタルケース、プロテクションゴーグル、ナット締付棒、スライドストッパーなどの付属品やオプション品があります。

油圧パンチャーの使い方

油圧パンチャーの使い方

硬い鋼板やステインレス板に穴を開けていく際に粉塵が飛び散ることがあるので、まずは目を保護できるプロテクションゴーグルを装着します。
そして作業する場所は綺麗であることが事故を減らします。本体にポンチやダイスなどの刃物の部品を取り付け、穴をあける一を確認してから、素材に刃先を押し当てながら穴あけ加工をしていきます。
メーカーや機種によって使い方が異なりますので、使用前には必ず取扱説明書読んでから使用してください。

油圧パンチャーの修理方法

油圧パンチャーを長時間使い続けると機械の故障に繋がります。使用能力を超える時間の作業は避けてください。
また、モーターなどが壊れた場合にはご自分で修理することはお薦めできません。ご自分で修理したものの完璧に修理されていない場合には使用中の事故に繋がります。故障の際には専門店修理をしてください。