今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
測量プリズム
[`yahoo` not found]

測量プリズムの買取

測量プリズムの買取

測量プリズムとは?

測量プリズムとは

測量とは土地の位置を確認したり地図を作成、状況調査を行なうために利用される技術や作業のことをいいます。

日本では測量の資格を保持した測量業者が行なうことになっています。

歴史的に測量は古代エジプト時代から行なわれていたといわれており、日本では伊能忠敬が日本地図を作成するために行なったのが本格的な測量の始まりだと考えられています。

測量プリズムとはトータルステーションや光波距離計などに内蔵されていて、距離を測定するために利用されているプリズムです。

入ってきた光を平行に反射光として戻して、角度を変えてもカメラのレンズが写り込むようになっています。

光がガラスを通過する速度は屈折率により空気中よりも遅くなりますが、測量プリズムはそれだけ長い距離を表示するようになります。

測量プリズムはメーカーなどにより形などが異なりますが、この屈折率もプリズムの大きさや素材によって変化するので、これらを考慮して考え出されたものがプリズム定数となっています。

プリズムの厚みや高さでの屈折率と回転軸までのオフセット量を足すとプリズム定数となるので、トータルステーションなどで測量を行なう時にプリズム定数をきちんとセットしているか確認しなかった場合には、測量結果が異なる可能性もあります。

プリズムに最も多くの光が集まりますので、プリズムが正対していなければ角度が狂ってしまいます。

測量プリズムは測距光に対して反射するプリズムの表面が垂直に向いている正対の状態でなくても、測距光を戻すことができる機能があることから、離れている場所に正確に光を戻すことも可能です。

この測量プリズムを正しく設定して測量することで、測距光を反射させて距離を正確に測定することができます。

現在では高価な測量機器も数多く発売されており、測量に対する研究開発も進んでいることから、このような便利な器具を正確に使用することによって過去よりも簡単に、正確にあらゆる測量が可能になってきたといえるでしょう。

測量プリズムを高価買取してもらうポイント

測量プリズムを高額買取してもらうポイントは、まず見た目がきれいであることです。キズが多ければ多い分だけ買取価格は下がってしまうでしょう。

また、キズの深さによっても買取金額が変わってきます。

浅いキズと深いキズでは、当然浅いキズの方が買取価格は高くなるので、できる限りキズを付けないように注意しながら使用することが望ましいでしょう。

キズだけではなく、へこみも買取価格を下げてしまう原因になりますし、汚れも同様です。

汚れに関しては、きちんと清掃をすることできれいにすることが多いのですが、清掃をさぼっていると汚れが落ちなくなることもあるため、定期的に清掃を行いましょう。

後は付属品類をきちんと揃えておくことで、より高額買取ができるようになります。

測量プリズムを買取したお客様の体験談

測量プリズムを買取したお客様の体験談

安物買いの銭失い

業務で使用する為に某大手通販サイトにてトータルステーションに対応している360°プリズムを購入しました。

ライカなどと比べると破格の値段だったので若干の不安点はありました。

やはり実際に使ってみると、とても業務用には適しておらず、仕事での取り引きがある『業務用機械買取ドットコム』さんに連絡したら文句も言わずに即買い取ってくれました。

最初から信頼できるブランドの物を買えばよかったです。
(群馬県 三十代 男性)

大変満足のいく査定額

東京オリンピック特需や、マンションアパートの新築ラッシュのおかげで首都圏の建設業は仕事が有りすぎて人手不足に悩まされているほどです。

いくら稼いで利益が出ても全部税金で持っていかれるので、会社の備品から機械まで新しく買い替えました。

その際に以前使っていたプリズムがゴロゴロ出てきたので古い機械と一緒に『業務用機械買取ドットコム』さんにお願いして買い取ってもらいました

プリズム以外でも買取点数がかなりあったので予想していた以上の査定額で嬉しい限りです。
(千葉県 五十代 男性)

代表的な製品

測量プリズムの代表的なメーカーとして思い浮かぶのは、やはりマイゾックスというメーカーでしょう。

マイゾックスではいろいろな測量プリズムを販売しているのですが、比較的安価で購入できる製品と言えば、MYプリズムの2.5インチタイプなどがあります。

人気がある製品ではMG-1500SLプリズムなどがよく知られているのですが、多少料金は高くなるでしょう。

マイゾックス以外にも、タジマツールなどがよく知られているのですが、TT用1.5インチプリズム TT-M15PMなどが代表的な種類です。

付属品やオプション品

測量プリズムにもいろいろな付属品やオプション品が存在しています。最も一般的な付属品としては、購入時に入っていた箱やケースでしょう。

他にも説明書は必ず付属されています。オプション品としては、プリズム三脚などがよく知られています。

測量プリズムの使い方

測量プリズムの使い方

まずはオプション品である三脚を立てていきます

このときに注意しなければいけないことは、地面がガタガタな場所に設置しないことです。

三脚がぐらついてしまうようでは、きちんと測量することができなくなるでしょう。

通常は水準器が付いているので、セットは簡単です。

精密ピンポールをしっかりと固定したら、プリズムをセットします。

360度全方位をカバーできるタイプが最近では一般的なので、作業効率がかなりよくなっていると言えるでしょう。

測量プリズムの修理方法

自分で修理をすることは不可能なので、故障していることが発覚したら、購入した業者やメーカーまで問い合わせをすることが重要です。

自分でいじってしまうと、余計おかしくなってしまう場合があるので、止めるべきでしょう。