今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
測量機械
[`yahoo` not found]

測量機械の買取

測量機械の買取

測量機械とは?

測量機械とは?

まずは測量について少し触れたいと思います。測量の歴史は古代エジプトの時代から行われ、日本では1800年に日本地図を作成するため伊能忠敬が蝦夷地(北海道)で測量を始めたのが始まりとされています。

測量は、地球の表面上で都市や街を作るために土地の大きさや起伏を測ったりして、点の関係位置を決めるためのもので地図の作成や道路・河川のなどの状態調査を行うことです。測量機械とは、その時に計測するための機械のことで測量の方法によって様々な機械があります。

「高さ」を測るには、オートレベルという機械を使用し、オートレベルを三脚に水平に据え、望遠部を回転させても常に同じ高さを見ている事になり、各箇所メモリを読み取ることにより、高さの差を測る機械です。

「角度」を測るには、電子セオドライトという機械を使用します。

電子セオドライトは、セオドライトやトランシットなどの呼び方もありますが、正式名は電子セオドライトです。2点間の角度を測る測量機で、角度の表示には度分秒で表示します。

測量の角度は円1週を360°(度)とし、1°=60′(分)、1′=60″(秒)と表し、縦の角度(高度角)と横の角度(水平角)を測ることができる機械です。

「高さ」「角度」「距離」のすべてを図ることができるのが、トータルステーションという機械です。

トータルステーションもトランシットやトランといった呼び方のほかに光波と呼ぶこともあります。トータルステーションでは目標までの「角度」と「距離」を同時に測り計算することができるので、目標までの「水平距離」や「斜距離」「高さ」を測ることができる機械です。

他にもレーザー墨出し器レーザー照準器・レーザー鉛直器・光波測距儀・レーザー距離計・バイブレーザー・データコレクタ・標尺・ターゲットプリズム・コンバージェンスメジャー・平板測量機・レーザーセンサー・自動整準台・プラニメーター・水準器などなど、様々な用途に合わせ、正確な数値を測るための機械があります。

測量機械を高価買取してもらうポイント

測量機械を高価買取してもらうためにはまず綺麗にすることが大切です。

外で使用するものであり、時には土埃や泥がついてしまうこともあるでしょう。

そういった汚れを放置したままでは、買取査定時に評価が下がってしまうので必ず掃除をしてから買取に出すようにしましょう。

また傷がついてしまうものに関しては仕方がありませんが、できるだけ使用する際にも傷がつかないようにしておくと良いでしょう。

また購入した時に付属している説明書や保証書などの付属品も必ずつけておくと良いですね。

確実に高価買取を狙うのであれば、一つの測量機械だけを買取に出すのではなく複数の測量機械をまとめて出すと買取価格も上がる場合があります。

単品よりも複数品の方が重宝されるため、できればいくつか測量機械を合わせて買取に出すようにしましょう。

測量機械を買取したお客様の体験談

測量機械を買取したお客様の体験談

測量機器の買取をお願いしました

一般では販売されていないものなので、買い取ってくれるところはないと思いオークションなどを考えていたのですが、クレームなども怖くそうすればいいのか途方に暮れていたところでした。

こちらのお店を見つけることができ無事に買取していただけましたし、買取に関して色々なアドバイスももらえたので高価買取も実現し大変満足しています。

今回はGNSSだったのですが、他にもトータルステーションなどもあるので次も利用したいと思います。

トータルステーションとセオドライトを買取

トータルステーションとセオドライトを買取してもらうことができました。

セットというわけではありませんが、ちょうどこれらを新しく買い換えようと思い買取に出したのですが、二つセットということで買取価格も高く設定してもらうことができました。

測量機械に関しては複数ある方が買取価格も高くなるというアドバイスもいただけましたし、掃除した方が良いなどいろいろと教えていただけたこともあって本当に助かりました。

ここまで高価買取していただけるとは思っていなかったので、次回もお願いする時は複数まとめてお願いしようと思います。

梱包や配送などもいろいろ指示してくれたので助かりました。

これからもまたお願いできればと思っています。

世の中は便利になりました。

長年私と共に現場へ出かけてきたセオドライト(SOKKISHA DT5AS)でしたが、経年の劣化によりかなり傷んでいました。

たまたま、知人からネットで業務用機械などを買い取ってくれるサイトがあることを聞いて、電話ならと思い問い合わせてみたところ、すごく丁寧な対応で機種を伝えたところ、スピーディーな査定と何よりも買取金額に大満足!

即決で買い取っていただきました。

今の世の中は、本当に便利になったと実感しました。今までならば古くなったものは、倉庫にしまっておくだけで二度と日の目は出なかったですが、電話一本ですぐに買い取っていただき、また、どこかで日の目を見ると思うと嬉しく思いますし、私としても買い取っていただいたお金でまた新しい機械が買えると思うとワクワクしています。

ちょうどタイミングなのか、他の機械もそろそろ買い替えの時期を迎えるところで、是非また買取をお願いしたいと思っています。その時もまた、満足いく金額の提示をよろしくお願いします。今回は、本当にありがとうございました。

代表的な製品

測量機械にも種類があります。
まずはトータルステーションの代表的な製品ではトプコンのTOPCON GTやTSshieldなど、ソキアのSOKKIA iXやTSshieldなどがあります。
そしてGNSS測量機ではトプコンのGR-5・NET-G5など、ソキアではSokkia ATLASやGNR5などがあります。
他にもニコン・トリンブルのTrimble NetR9 BundleやTrimble R10があります。
トランシット・セオドライトではトプコンのDT—200シリーズ・DL500シリーズなど、ソキアではDT540LS / DT740LSまたはSDL1X・SDL30 / SDL50などがあります。
他にもライカジオシステムなども代表的なメーカーと言えるでしょう。

付属品やオプション品

測量機械にも色々な種類がありますが一番重要な付属品が説明書と保証書になります。
またスペア部品電源コードなども重要なので、必ず無くしてしまわないように保管しておきましょう。
他にもその機械にしか使用できないような部品などもあるので、必ず付属品が揃っているのかも常に確認しましょう。

測量機械の使い方

測量機械の使い方

工事を行う前に地形の距離や形などを明確に把握するために行われるのが測量でその時に使用される機械類が測量機械なのです。

主に光の反射を使用して距離などを測りますが、それ以外にも衛星を利用する測量機械などもあります。

距離を測る測量機械の他に角度や高度なども測ることができる機械もあります。

様々な測量機械がありまずが測量ではそれらを合わせて使用することで地形一帯を細かく測量することができるのです。

基本的に二人一組で行われ、所定の位置に設置し使用します。

測るために置くだけでは使用できず手動での調節が必要となりますが、調節後は自動で距離や角度を割り出してくれるのです。

測量機械の修理方法

測量機械の修理はそれぞれ購入したお店依頼した方が良いでしょう。

機械といっても通常の家電製品とは違いデリケートな部分もあるはずです。

またメーカーによっても仕様が違うため修理も個々で違うこともあります。

不具合を感じたらまずは購入店、もしくは説明書に記載されているインフォメーション等に連絡してみましょう。