今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
赤道儀
[`yahoo` not found]

赤道儀の買取

赤道儀の買取

赤道儀とは?

赤道儀とは?

赤道儀というのは、天体望遠鏡の架台の一種です。平行な回転軸と直角の回転軸が備え付けられており、日周運動に合わせて回転させることができる種類になっています。ちなみに天体望遠鏡の架台には2種類存在しており、その片方が赤道儀なのです。赤経や赤緯と呼ばれている軸を中心に動かすことで、目標物をしっかりと長時間捉えることができるのが大きな特徴でしょう。地球は知っての通りに回転しています。

そのため、ずっと同じ場所目標物見ていると、時間の経過と共にどんどんずれてしまうのです。このずれを修正するために赤道儀が用いられています。もう片方の架台である経緯台よりも値段が高くなっているのが一般的ですが、インターネットが普及し、珍しい物でも簡単に手に入るようになった現代であれば、赤道儀も個人で簡単に購入することができるでしょう。ただし、かなり高価になっているタイプの赤道儀が多いのですが、中には安価な値段で売られているタイプもあります。

もちろん赤道儀にもいろいろな種類が存在しているので、自分が所持している三脚や望遠鏡に合わせて種類を選ばないといけません。しかし、最近は使用できる種類も多くなっているので、たくさんの三脚や望遠鏡に対応している種類が多いと言えるでしょう。初めて購入する場合には、きちんと情報収集をしてから決めるべきです。一般的には天体望遠鏡に使用されているのですが、中にはカメラに使用するタイプも存在しています。

空を撮影する場合、星をきれいに撮ろうとすると、どうしても流れてしまうことが多くなるのに対して、赤道儀を使用することによって、止まった状態撮影することが簡単にできるようになるのです。他にもいろいろな撮影が可能になるので、どのように観察したいのか、どのような映像を撮りたいのかによって、購入する赤道儀の種類も変わってきます。そのため、最初にどのような種類が販売されているのかを知っておく必要があるでしょう。

赤道儀を高価買取してもらうポイント

高く買取て貰う為のポイントとは、高精度で高速度な機能を備えており、その他の機能性が充実している製品で、状態が良いものであることです。
本体の外部や内部にキズや汚れがなく、赤道儀が問題なく使用出来ることが重要です。そして、操作がとても簡単でデザインも良く、持ち運び便利でコンパクトな製品です。

また、見た目もとても良く、綺麗な状態であることです。査定前には、必ず、製品の故障箇所や不具合などを点検・確認しておきましょう。
更に、付属品が本体と一緒に揃っており、本体ケースの中に正しく収納されていることがポイントです。赤道儀は、一つのみならず、セットでまとめて査定に出された方が、より高く買取って貰えることでしょう。

赤道儀を買取したお客様の体験談

赤道儀を買取したお客様の体験談

20代男性

学生の時に父親に買ってもらった赤道儀ですが、そろそろ新しい物に買い替えようと思い、インターネットで確認していました。
もっと性能がよくて、気に入った赤道儀があったので、買い替えることにしたのです。

しかし、せっかく父親に買ってもらった物ですし、古くなったとは言ってもまだ使用できるので、処分してしまうのはもったいないと思いました。
そこで業務用機械ドットコムというところで買取をしてくれることがわかり、早速依頼しました。

すると思っていたよりも高い金額で引き取ってもらえたのでよかったです。

30代男性

小さい頃から天体観測が好きだったので、現在でもよく夜空を観察しています。
社会人となって初めて購入した赤道儀が古くなってきたので、思い切って交換をしてしまいました。

その店では下取りも可能だったのですが、自分が持っている赤道儀は買取不可能だと言われてしまったのです。

そこで赤道儀の買取をしてくれる業者はないか探していたところ、業務用機械買取ドットコムというサイトを発見しました。
自分が所持している赤道儀の詳しい情報を伝えると、買取可能というので梱包をして配送しました。

本当に買取をしてくれましたし、スムーズに査定から振り込みまで行ってくれたので助かりました。

代表的な製品

代表的な製品とは、ケンコー「自動追尾赤道儀スカイメモ(シルバー)」です。本体は、持ち運び便利でコンパクトです。かつ多彩な機能を搭載しています。

更に、セッティングがとても簡単で撮影が出来ます。そして、ヴィクセン「SXWマウント」は、天体ナビ機能が搭載されたコンパクトな赤道儀です。

天体における自動導入が高速でかつ高精度に行えて、操作が簡単で青と白を基調そしたデザインで、星の観測などにも適しています。

付属品やオプション品

付属品は、二段伸縮脚や特注ピラー、カウンターウェイトや標準ダブテールショートやロング、デュアルプレートや収納ケースや取り扱い説明書などが挙げられます。
オプション品には、カウンターウェイトが挙げられます。

赤道儀の使い方

赤道儀の使い方

赤道儀を三脚や天体望遠鏡に接続したら、最初に行うことが極軸を合わせることです。

これを行わないと、赤道儀を購入した意味がありません。基本は極軸北極星合わせることです。北極星の見つけ方は、インターネットで調べてみましょう。

見つけたら架台を水平にします。望遠鏡を動かして、北極星をしっかりと捉えられるように設定しましょう。
最後にネジやクランプをしっかりと締めれば設定完了です。後は目盛環を使って見たい星を観察してみましょう。

赤道儀の修理方法

赤道儀は滅多に故障することはありませんので、使用できなくなったら、修理をするよりも交換した方がよい場合があります。

しかし、まだ購入したばかりで新しい場合などは、購入した店やメーカーに修理の依頼をしてみるのもよいでしょう。

赤道儀ってなに?

入社してたての頃
「今日あたり赤道儀が到着するから、くれぐれも注意して扱うように!」と通達が。

赤道儀ってなに?地球儀みたいなの?ワクワク♪

実際に到着した品をみてちょっとがっかり。「なんだ、つなぎ目の部品じゃん」

後で分かったことですが、赤道儀だけでもナン万円もするものざらにあるらしい…。

・・・。

( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ