今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
鉄筋探査機
[`yahoo` not found]

鉄筋探査機の買取

鉄筋探査機の買取

鉄筋探査機とは?

鉄筋探査機とは

鉄筋探査機というのは、非破壊検査をするために用いられている機械のことです。検査の方法には、実際に物を壊して強度を調べる、もしくは構造物の内部の状態を調べる破壊検査があります。そして構造物を破壊することなく、内部に使用されている物の状態を調べることを非破壊検査と言います。この非破壊検査をするために用いられているのが鉄筋探査機なのです。ビルなどの建物には、コンクリートの内部に鉄筋が使用されているのは知っているでしょう。

しかし、外側からではどこに何本の鉄筋が使用されているのかが分かりません。実際に見るためには、コンクリートを壊して内部を見るようになるのですが、鉄筋探査機があれば、コンクリートを破壊しないでも内部の状態がわかるのです。このように鉄筋探査機を用いれば、倒壊などの事故を防ぐことにも繋がってきます。近年は日本中で地震が頻繁に発生していますが、地震がきても建造物が倒壊しないようにするために、改修工事が必要になるケースもあるでしょう。

しかし、重要なところまで壊してしまうと、当然倒壊などの危険があります。特に鉄筋は建物を支えるコアの部分でもあるため、切断しないように注意しての作業が必要になることも多いでしょう。鉄筋探査機があれば、どこに鉄筋が使用されているのかが分かるので、建築業界での仕事には欠かせない業務用機械なのです。特にかぶり圧の調査を行う場合や、コア穿孔工事を行う際には、鉄筋探査機の存在が欠かせないと言えるでしょう。

ちなみにかぶり圧というのは、コンクリートの表面から鉄筋の表面までの距離のことを指します。コア穿孔工事というのは、コアを抜くときに使用する穴を空けるための作業を指します。鉄筋探査機も1種類だけではなく、複数のメーカーからいろいろな製品が販売されているので、どれを購入するのかによって、値段も異なってくるでしょう。使い方や機能は基本的に同じなのですが、一部異なっている場合もあるので、最も使いやすい種類を見つけておくことが大切です。

鉄筋探査機を高価買取してもらうポイント

鉄筋探査機の買取も弊社では行っているのですが、高額買取をしてもらいたいのであれば、きちんとポイントを押さえておくことが重要です。まずは鉄筋探査機の状態をできる限りよくしておくようにしましょう。キズや汚れ、ひび割れやシミなどは買取金額が下がってしまう原因です。特にひび割れ買取不可能になるケースもあるので、落下してひびを入れてしまわないようにしましょう。

他には説明書や購入時に入っていた、その他付属品類をきちんときれいな状態で保管しておくことが大切です。付属品があるのとないのとでは、やはり買取金額に差が出てしまうでしょう。特にコード類は無いと使用できないことが多いので、なくしてしまうと買取できなくなることもあります。配送前には清掃を行い、配送中の故障を防ぐため、しっかり梱包をしておきましょう。

鉄筋探査機を買取したお客様の体験談

鉄筋探査機を買取したお客様の体験談

不要になった鉄筋探査機も簡単に素早く買取

鉄筋探査機が不要になったので買取を依頼しました。
あまり使用しておらず、月日も浅かったので高価で買取してもらうことになり無駄にならず助かりました。

配送の仕方なども教えて頂けて、意外に簡単に進めたことに驚いています。
また処理がとても早かったように感じました。

送ったりすると時間がかかるものだと思っていたのですが、素早い対応に感謝しております。
たくさんの業務用の機械を取り扱っているということなので、他にも不用品が出た際にはお願いしようと思います。

気持ちよく買い取ってもらえた鉄筋探査機

買取のお店は他にも査定に出した経験はありましたが、ここまで丁寧なお店は初めてでした。

結構上から言われたりすることも多かったのですが、すごく丁寧に対応して頂けて嬉しかったです。
特に思い入れがあるものではなく、ただ不要になった鉄筋探査機価値があるようにも感じられました。

しかも使用した機会も多くてあまり金額がつかないと思っていたにもかかわらず、比較的高値で取引して頂くこともできました。

送る時も綺麗にするように教えてくれたので、そのおかげだと思います。
ボロボロとまではいかなかったけれどまあまあ古いかなと感じていたので、この取引には正直驚いています。

誠意が感じられる取引だったので、また利用したいと思います。

代表的な製品

鉄筋探査機は電気誘導法電磁レーダー法の主に2種類の方法が主流とされています。
電気誘導法ではプロセク・プロドスコープまたはプロフォメーターPM630などがあります。

また計測技術サービスのアイゼンプロスペクター EM-01とエルコメーター社の3312-SHもよく使用されるタイプではあります。
電磁レーダー法ではSensors&Software・Conquest100やGSSI社SIR-3000/4000などがあります。

またGSSI社のSIR-EZシリーズも代表的に扱われている製品となります。
他に日本無線・NJJ-200やNJJ-95A/95Bなどもあります。

付属品やオプション品

鉄筋探査機の付属品は製品やメーカによって変わりますが、基本的に説明書や保証書等が付属しています。
他にも乾電池やデータを転送するための転送ソフトやプリンターなどがオプションとして付属している場合もあります。

鉄筋探査機の使い方

鉄筋探査機の使い方

鉄筋探査機はとても簡単に使用することができます。
初心者でも問題なく操作できるのですが、なぜなら電源を入れるだけで探知が可能になるからです。

重要な点は、パネルに表示されるアイコンの意味理解しておくことでしょう。
後は鉄筋探査機を左右、もしくは前後にゆっくりと動かせば、探知が可能になります。

距離を測るために使用するので、最初に距離を設定しておき、ゆっくりと動かして設定した距離の所まで離れると、ブザーが鳴る仕組みになっているのです。

鉄筋探査機の修理方法

鉄筋探査機は、他の測定器などと同じく精密機械になっています。
精密機械は素人がいじると余計故障を悪化させてしまうことがあるので、いじらないことが鉄則だと言えるでしょう。
説明書を見直して、記載されていることを試してから修理の依頼をしましょう。