今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
陶芸窯
[`yahoo` not found]

陶芸窯の買取

陶芸窯買取

かなり大型の物は買取不可。

陶芸窯とは?

陶芸窯とは?

陶芸というのは、土をこねてからろくろという専用の道具で陶器の形にしていく芸術なのですが、最後には形を整えた作品を焼く必要が出てくるのです。この焼く作業を行うのに用いられているのが陶芸窯なのですが、昔は石で窯を作り、薪をくべて焼いていました。しかし、現在では電気で焼くことが可能になっているのです。電気以外にもガスで焼くタイプも存在していますし、石油を用いるタイプも存在しているので、かなりたくさんの種類があると言えるでしょう。

重要なのは焼く時間なのですが、むやみやたらに行えばよいというわけではありません。作品によっても多少時間は異なるので、やはり長年の経験が必要になってくるのです。使い方は昔に比べればかなり簡単になってきましたが、完成するまでにはある程度の時間が必要になってきます。そのため、最近行われている陶芸教室などであっても、あらかじめ用意されている土をろくろで形を整える作業のみとなっていることが多いでしょう。

それから焼く作業が終了すると、自宅まで送り届けてくれるというのが一般的です。陶芸窯というのはある程度大きくなっていますし、かなり高い熱量必要になります。そのため、値段の方も比較的高くなっていることが多いでしょう。お金に余裕のある芸能人や政治家などであれば、購入して自宅に設置することもあるでしょうが、一般の人が所持しているケースは滅多にありません。通常は焼き物の製造を行っている業者が購入しているのです。

最も使いやすくて便利なのが電気タイプの陶芸窯なのですが、他の種類であっても大きさが異なっていることが多いでしょう。小さなタイプもあれば大きなタイプもありますし、中間のタイプも存在しています。業者では通常大きなタイプを購入するケースが多いでしょうが、最近は使いやすい電気タイプが人気となっています。もちろん石油やガスのタイプも人気があるのですが、ガスを使用する人は比較的少ないと言えるでしょう。

陶芸窯を高価買取してもらうポイント

陶芸窯を高く買取って貰う為には、安心して使用が出来て、かつ製品の状態がとても良いことが条件です。そして、陶芸窯としての機能をしっかりと果たしてくれるような高品質で高性能な製品が望ましいでしょう。また、新品同様に綺麗な状態であることが大切です。
その為、陶芸窯を査定に出す前には、機械が正常に作動しているかどうか、故障箇所がないかどうかしっかりと点検・確認しましょう。陶芸窯に汚れがある場合は、ダスターや濡れた布巾などで綺麗にしておくと良いですね。
取扱説明書などの付属品が本体と一緒にセットになっている状態が良いでしょう。陶芸窯は、1機だけではなく、複数で査定に出されることをおすすめします。

陶芸窯を買取したお客様の体験談

陶芸窯を買取したお客様の体験談

頂き物の陶芸窯、処分に困っていたのですが・・・。

陶芸家の下で働いており、日々、修行中の身分です。陶芸窯は、自宅にも練習用にいくつか師匠から頂いており、かなり集まってしまいましたので、誰かに譲渡しようか、どうしようか迷ってしましました。
しかし、折角の頂き物を誰かに譲るのは、やっぱり嫌でしたので、この際、売却を決意しました。業務用機器買取ドットコムさんは、陶芸窯も買取ってくれるそうでしたので、5台ある陶芸窯のうち、3台を売ることにしました。
そして、師匠には内緒にとの条件で、何とか買取って貰えました。スペースが空いて、お小遣いも入ったので凄く助かりました。

状態のよい陶芸窯だったので、大変な高値で売れました!

陶芸窯をレンタルしている者ですが、もう、何度も買い替えている為、中古でもそれなりに使える陶芸窯をいくつか持っていますので、買取って貰うことにしました。一つ一つの陶芸窯をチェックして、綺麗な状態発送すると、良いお知らせが来ました。
陶芸窯の状態がとても良く、思った以上に高く売れて、こちらとしましても、非常に嬉しい限りでございます。
家族も、喜んでいましたし、何とお礼を申したらいいのか分かりません。また、機会がございましたら、是非共、買取をお願い致したく思います。この度は、ありがとうございます。

代表的な製品

日本電産シンポ

小型電気窯 DMT-01、小型電気窯Petitプティ、電気窯 DUB-05 酸化仕様、電気窯 DUB-07 酸化仕様、電気窯 DUB-10 酸化仕様、横扉式電気窯 DFA-06、電気窯 DAM-05D型、電気窯 DAM-08C型

グッド電機

電気陶芸窯 KCG-15型、小型電気窯 らくらく窯TMK-1型、小型電気窯 TBK-1、電気陶芸窯 KCG-40型

梶山工芸

電気陶芸窯 ファニー DLM-4030、 電気陶芸窯 ファニー DLM-4060、電気陶芸窯 ファニー DLM-4066、電気陶芸窯 ファニー DLM-4075、電気陶芸窯 ファニー DLM-4090

付属品やオプション品

TBK型用バーナーセット、DAM用 還元バーナー都市ガス13Aタイプ、DAM用 還元バーナー 家庭プロパンガスタイプ、DFA還元バーナー(都市ガス用)、DFA還元バーナー(プロパンガス用)、大型石油タンク 金属製 95リットル、石油用バーナー SN-15FS型

陶芸窯の使い方

陶芸窯の使い方

最初に、窯の炉内にある湿気を除去する為に、陶芸窯を試運転させてから、使用するようにしましょう。作成した陶芸品を窯に入れて下さい。陶芸品を焼きますので、スタートキーを押して下さい。
陶芸品を焼く際には、湿気抜きの湿気抜き穴から外しておきましょう。
また、200℃~300℃になりましたら、湿気抜き栓を湿気抜き穴の中に再入します。陶芸品が焼き上がり、炉内が熱くない状態を確認してから、陶芸品を取り出して下さい。

陶芸窯の修理方法

温度が上がらない場合は窯の熱線切れや窯の加熱能力以上の温度の設定が原因です。適度な温度に調節して焼くのを中止させてから、炉内冷まして熱線交換します。
熱電耐逆接続の場合、+と-が反対に接続している為、入れ替えます。