今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電動ろくろ
[`yahoo` not found]

電動ろくろの買取

電動ろくろ買取

電動ろくろとは?

電動ろくろとは

もともとろくろとは、いつ発明されたのかわからないほど古いものです、粘土を台に乗せて回転させる事で、綺麗な円を作る事が出来る工法です。

電動ではないものには手で回す方法の手回しろくろと、足で回す方法の蹴ろくろがあります。

手回しだと細かい回転の力加減を調整することができて、蹴りだと、手回しよりは回転が用意ですが、回転の最初と最後の方では回転速度や力加減が変わりますので、微妙なニュアンスの違いを表現する事が出来ます。

電動ろくろでは、回転数を一定に保つ事が可能なので、蹴ろくろの様な回転数の違いによる微妙なニュアンスの違いは出せませんが、逆に手や足に注意をしなくていいので、作品や工法に注力出来ます。

また、電動ろくろだと、大量生産や練習をする場合や、綺麗な円形の作品を作る場合には、最適です。

一概に、手回しがいい、蹴回しがいい、電動がいいとは言い難く、作者の作りたい作品にあった工法を選ぶのが一般的です。

しかし、主流は利便性から電動ろくろが多く選ばれています。電動ろくろといっても値段は数万円から数十万円するものもあります。

性能の違いは、テーブルの回転数を変える機能が付いている物や、フリー回転があるのかないのかなどの違いがあります。

電動ろくろでの工法は手前挽きという工法が有名で、つまむ様に挽くことで、湯呑み等の小さい器を作る時にはよく使う工法です。

手前挽きでは粘土をつまむように挽き上げるので、そのままでは、器が広がってしまい、当初の器のサイズを大きく超えてしまわない様に反対の手で、器の外側を抑え込む事で、思っていたサイズの器の大きさに抑える事が可能です。

実際に使用する際には、手の役割としては、親指は両手の親指で組み合わせる事で、両手の手の位置を固定する為に使い、外側を抑える手は、成形につかい、小指以外の人差し指、中指、薬指に力をいれて作ります。

器の内側を成形する指も基本的には反対の手と同様に3本で、指の腹をつかって成形していきます。

電動ろくろを高価買取してもらうポイント

電動ろくろは、陶芸教室や個人で陶芸をする際に使われる事が多いです。電動ろくろの高価買取ポイントは、粘土を使う為に汚れ易く、普段使用している場合には気にはならないかと思いますが、しっかりとお手入れのされている電動ろくろ高価買取買取をさせて頂いております。

その際の注意点として、隙間等に泥が入り込んでいたものがしっかりと落とせているのか等細かい所もお手入れ出来ているのかをチェックしてください。

更に、ドベ受け等の付属品がある場合には、同梱される事で高価買取させて頂けますので、周辺の付属品が揃っているのか等にも気をつけてチェックして頂く事をおすすめします。

電動ろくろを買取したお客様の体験談

電動ろくろを買取したお客様の体験談

知人の紹介で、家で出来る趣味になると思い、電動ろくろを購入したのですが、最初のうちは、週末等によく陶芸教室の様にお友達を呼んで、楽しんでいたですが、引越しが決まり、新居では電動ろくろの置いておく位置が確保しずらく、少し飽きてしまっていた為に、そこまでの必要性を感じなかったので、今回買取して頂く事にしました。

綺麗に泥を落として、付属品も揃えて梱包した事で、高価買取して頂けたので、大変嬉しく思っています。

主人が定年退職した時のお祝いに電動ろくろを購入しました。それからは、生き生きと新しい作品を作っては、見せてくれる事が嬉しくて、以前プレゼントしたものよりもいいものを今回誕生日にプレゼントしようと思っています。

その為に以前使っていた物今回買取して貰う事にしました。

もともとは電動ろくろが買取をしている事も知らなかったのですが、主人に新しい物をと調べているうちに、業務用機器買取ドットコムさんで、買取して貰える事を知ったので、今回お願いしました。

この様な付属品があるといいです等、丁寧なご対応をして頂き、お値段も満足のいくお値段をつけて頂けたので、非常に満足しています。

代表的な製品

電動ろくろの製造メーカーとしては、日本電産シンポグット電機があります。丸二陶料株式会社など電動ろくろを販売していたメーカーもありますが、すでに生産終了となっています。

製品としては、小型ろくろとしては、電動ろくろらくらく1型や2型、電動ろくろRK-5Tなどがあり、大型ろくろとして、電動ろくろRK-55型、RK-3D型、TP-1型、またクラッチ付きの電動ろくろRK-2P型やRK-1X型などがあります。

付属品やオプション品

電動ろくろを使用していると、どべの一部が取れて落ちることも多いので、どべ受けが付属しています。

またろくろ使用には欠かせない亀板も付属しています。さらにはペダル調節用のスパナなども付属している製品もあります。

電動ろくろの使い方

電動ろくろの使い方

電動ろくろはスイッチさえ入れれば回転しますので、誰でも簡単に使用できます。もしも陶芸を始めるとすると、まずは土の準備をします。

土を用意し良く練り、玉状にしてろくろの中心に置きます。

これで作品を制作する準備は整いました。

土を置くとすぐにろくろを回転させていき作品を作っていきますが、慣れないとろくろの回転に負けて作品を壊すこともあります。

そして作品を完成させて形作ったら、ろくろの回転を止めて土を乾燥させます。

電動ろくろの修理方法

電動ろくろの内部はVベルトや防振ゴム、モーターなどで構成されています。

ベルトやギア程度の故障ならば、新しい部品交換すれば自分でも修理出来ます。

モーターの故障となると、メーカーや代理店での修理となるでしょう。

退職後にやりたい趣味1位の陶芸!

定年したらやってみたい趣味の1位「陶芸」

中には教室に通うだけでなく自宅でもやってみたいと思っている人たちも増えています。
そういった人たちはやはり「MYろくろ」を求める傾向にあります。

一度は陶芸にはまってMYろくろを購入したけど、結局使わなかった、という方、売却するなら早いうちがチャンスです。

その際はぜひ、業務用機械買取ドットコムへご連絡下さい!