今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
3Dプロッタ
[`yahoo` not found]

3Dプロッタの買取

3Dプロッタの買取

3Dプロッタとは?

3Dプロッタとは

立体的なモックや模型を製造する機械は、昔から光造形があり、最近は3Dプリンターが登場しました。

そのような中で、これらの中間のような製造方法を行なうのが3Dプロッタです。

粉や液体を積み重ねて作るのが3Dプリンターであり、大きな塊を削って形にしていくのが3Dプロッタです。

ある意味アルミなどの金属の塊を切削して工作物にするNCなどと似ていると言えます。

NCは工業用の機械ですが、3Dプロッタは、小型で個人用や大学の研究用などコンパクトに作られているマシンが多く、製作できる立体物も小型なものが多いです。

3Dプロッタは、3Dスキャナとモデリングマシンを統合した、トータルで3D製造物を作ることが出来るマシンです。

パソコン上で3DCADを使用しモデリングを行ないデータを作り、そのデータを使用して、実際にマシン上で切削して、モデリング通りに立体物として製作します。

3Dプリンターと違い、材料をエンドミルという刃物で削っていきますので、出来上がった立体物の表面や角が滑らかになります。

実際に削って加工するまでには、必ず3DCADで3Dモデルを製作しないとなりません。

SolidWorks、VectorWorksなど3DCADはいろいろあり、データとしてDXFまたはSTLファイルに出力できれば、モデリングマシンを使用しエンドミルで削って立体物を作れます。

また3Dプロッタのマシンによっては、切削条件を設定できますので、荒く削ったり、滑らかに削るなども可能です。

NCマシンとは違い工業用マシンではなく、制作する立体物も工業用量産品などは製造しません。

3Dプロッタを使用して作る立体物は、模型やモックなどとなり、試作品のモックを作り全体像を見るなどのために使います。加工できる材料は、ケミカルウッドと呼ばれる削りやすい木材の他に、アルミニウムやプラスチックも加工できます。

3Dプリンターと違い、様々な材料を使用できるのは、3Dモックの良いところです。

3Dプロッタ

3Dプロッタを高価買取してもらうポイント

3Dプロッタを高価買取りしてもらうならば、まずは正常に動作するということと、さらには木やプラスチックなどの対象物を、工作して立体物に加工できるということは必須です。このためにはエンドミルが正常に稼働する必要があり、錆びていたり刃が欠けていたりすると買取価格は下がります

実際に3Dプロッタを使用すると、工作物を作るときに削りカスが出てしまいますので、自然とマシン自体が汚れてきます。そのために売るときは、そのような削りカスや、他の汚れなどを除去して、綺麗にしてから売った方が査定額は上がることが多いです。

エンドミルに取扱説明書と付属品は一式揃えて売りましょう。特に使い方が特殊なので、取扱説明書は必ず保管し、売るときまで捨てないでおいた方が良いです。

3Dプロッタを買取したお客様の体験談

3Dプロッタを買取したお客様の体験談

50代男性 切削加工会社経営

自分が経営する会社では、3Dプロッタという機械を使用しているのですが、業務の縮小で一部使用しなくなってしまった物を処分しようと考えていました。

まだ使用できる状態なのですが、すでに私の会社で使用している種類は生産が終了となってしまい、他の業者では買取できないと言われてしまったのです。

そんなときに業務用機械買取ドットコムというサイトを発見したので、連絡をしてみたのですが、詳細な情報を伝えたところ、買取できるというので査定依頼を行いました。

比較的高い値段をつけてもらえたので、利用してよかったと思います。

60代女性 専業主婦

先日会社を経営していた主人が亡くなり、息子に会社の経営を任せたのですが、余っている3Dプロッタ買取できる業者を知らないかと相談されました。

家庭用の機械類などであれば買取依頼をしたことがあるのですが、業務用機械の買取は行ったことがなかったものの、インターネットで調べてみると、業務用機械買取ドットコムという業者を発見したのです。

ここであれば買取が可能らしいので、早速息子に伝えました。
すぐに査定依頼をしたら、返事もスムーズで査定の結果もすぐに報告があったと言います。

しかも思っていたよりも高い金額買取ができたと喜んでいたのでよかったです。

代表的な製品

代表的な3Dプロッタのメーカーや型式としてはローランド3DプロッタMODELAModelMDX-20、MDX-15、ローランドMILLING MACHINE MonoFab SRM-20、オープンキューブSCOVOOX4、SCOOVOX9、ニッポー遊作くん、ムトーエンジニアリングValue3DMagiSMF-1000、Makerbot社ReplicatorMini、Makerbot社Replicator2X、Pirate3D社パッカニアなどがあります。

付属品やオプション品

3Dプロッタ 付属品やオプション品

3Dプロッタの付属品やオプション品としてはマテリアル用ABS樹脂、電源アダプター、セルボード、ニッパ、ナイフ、作業用手袋、スクレイパー、六角レンチ、自動調整用パーツ、USBケーブル、プラットフォームスイートなどがあります。

3Dプロッタの使い方

3Dプロッタの使い方

3Dプロッタではまずは3次元データを制作しないとなりません。これを元に実際の材料を工作します。

solidworksなどの3DCADを使用し、加工したい工作物の3次元データを制作します。

3次元データが完成したらデータを3Dプロッタのパソコンに移動させます。

次に設定画面で切削の種類や切削条件を指定し、エンドミルをセットし、対象となる加工物をセットします。

必ずXYとZ原点を合わせるようにして、この点を元に3Dプロッタは加工していきます。エンドミルが加工を終わると、目的の立体物が出来上がります。

3Dプロッタの修理方法

3Dプロッタは、XYZ軸を合わせて使用するマシンなので、一度壊れると自分での修理は難しいことが多いです。

モーターの故障、内部基板の故障などが起きたならば、メーカー修理となりますので、メーカーのサポート連絡し修理依頼しましょう。

コンパクトな3Dプロッタに驚く!

私が学生の頃は3D加工と言えば、マザックのマシニングセンターでプログラムを組んで切削していましたが、今は、sokidworksでモデリングして3Dプロッタで出力!と、作業がかなり軽減されうらやましい限りです。

そんな3Dプロッタも新品で買うとまだまだ高価で手が出ないという人も多く、中古市場でも需要の高い商品です。

中でもコンパクトなモノが人気が高く、会社やご自宅で使用されていない3Dプロッタがあれば、弊社にて買取査定に出してみてはいかがでしょうか?

査定・相談いずれも無料です!