今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
水道・ガス管ねじ切機 買取

2015年4月15日

水道管やガス管というのは、地下に埋まって日本の全家庭に繋がっていますが、これだけ長い配管を一本のパイプで繋ぐというのは不可能です。一定の長さの配管を多数接続することで、多数の家庭まで繋がっています。しかし、接続部分から水やガスが漏っていたら大事になってしまうので、しっかりと漏れがないように接続しないといけません。そのため、パイプの製造や接続部分の加工も大変なのですが、接続部分を全て溶接する訳にはいかないので、ネジで固定しているのです。

そんなネジを加工する方法としては、旋盤がよく知られているのですが、汎用旋盤では時間がかかり過ぎてしまうので、NC旋盤を用いることがあります。ただし、配管の交換などを行う場合には、それほど多くのネジが必要になるというわけではないため、NC旋盤で大量に生産する必要はありません。大量生産に優れているNC旋盤では、少数のネジ加工をする企業が少ないので、通常は誰でも簡単に取り扱うことができるねじ切り機を使用するのです。

これならNC旋盤のような高度な技術や設定も必要ありませんので、少し練習すれば誰でも簡単に扱えます。主力となっているのは電動タイプなのですが、中には電気を通せない場所で使用する必要がある場合もあります。そんな時には手動タイプを使用するのですが、手動タイプは少々技術がないと取り扱うのは難しいでしょう。ネジを加工するための刃は交換するのが一般的なのですが、他の部分は消耗品ではないので、交換する場合には買い替えになってしまいます。

現在では水道管やガス管の交換時期も長く、頻繁に交換する必要がなくなったことから、使用している業者も少なくなっています。そんな会社の中にはねじ切り機を売ってしまいたいと思うこともあるでしょうが、弊社では買取が可能です。日本ではレッキス工業やアサダ、MCCと言った企業が製造販売していますが、どこのメーカーでも基本的には買取が可能です。ただし、製品の状態が悪い場合や、あまりにも古い時期に製造されたものに関しては、買取ができない場合もあります。

水道・ガス管ねじ切機