今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ガット張り機

ガット張り機の買取

ガット張り機買取

ガット張り機とは?

ガット張り機とは?

ガット張り機とは、テニスやバドミントンなどのガット張る為の機械です。テニスやバトミントンをしていて、ボールが打ちにくいとか、ラケットが使いにくいということはありませんか?そんな時は、ガットの張りが悪い為、張り替えの時期かも知れません。
ラケットのガット張りというと、修理専門の人しか出来ないというイメージがありますが、最近では、技術の進化によって様々なガット張り機開発・製造されています。

ガット張り機は、学校やテニスクラブなどでも使用されていることがあります。中でも、バトミントンストリンガーにと発明されたコンパクトで軽量な多機能なリニアテンションヘッドを搭載しているワンランク上を目指した製品が登場しています。
中でもガット張り機の使用方法が分からない方の為には、通販で、「オリジナルバトミントンガット張り機(スプリング式)」という製品が、DVDマニュアルが付いている為、初めての方でも安心して使用することが出来ます。
ガット張り機の相場は、約5万円~60万円相当ですので、自分でガット張りをすることが出来るようになれば、かなりの節約になります。ところが、ガット張りが上手くいかないと、張りが緩かったり、テンションがおかしい場合があります。

しかし、最初のうちは、ガット張り機の使い方を教えてくれる人がいると良いでしょう。そこで、テニスクラブスポーツ施設でガット張りを使用している方に聞いてみることをおすすめします。
最初のうちは、作業時間が1~2時間くらいかかると言われていますが、慣れてしまうと、小一時間くらいで仕上がってしまうようになりますので、何度か実践することが大切です。
ガット張り機のメジャーなメーカーは、GOSEN(ゴーセン)TOALSON(トアルソン)です。本体だけではなく、作業効率を向上さててくれる工具が、沢山ありますので、初めてガット張り機を購入される方には向いている製造メーカーです。

ガット張り機を高価買取してもらうポイント

ガット張り機を高く買取って貰う為には、初心者でも簡単にガットを交換出来てしまうような製品が良いでしょう。
更に、デザインや性能も良く、使用方法分かりやすく書かれている取扱説明書があることが大切です。
そして、傷や汚れがなく、ガット張り機として、問題なく作動し、状態が良いことがポイントです。更に、ガット張り機を1台だけではなく、数台くらいを査定に出すと良いでしょう。
また、査定前には、傷や汚れがあれば、クリーナークロスで綺麗に磨き、埃がついていれば、クリーナー掃除しておくことをおすすめします。
ガット張りを査定に出す前には、ガットを張れるかどうか、テストして、故障箇所がないか点検することが重要です。

ガット張り機を買取したお客様の体験談

ガット張り機を買取したお客様の体験談

会社でバドミントン同好会を結成してバドミントンを週末に行なっていたのですが、メンバーが少なくなり同好会を解散することになりました。
メンバーで一緒に使っていたガット張り機があったのですが、必要なくなったので買取業者で買取ってもらおうということになりました。
同僚が近くのリサイクルショップで聞いたら、ガット張り機は取り扱っていないということだったので、これはインターネットで業者を調べる必要があるということになりました。
調べてみると業務用機械買取ドットコムというサイトでガット張り機も取り扱っているという内容を見つけたので、すぐに電話して聞いてみました。

3年くらい前に購入した物で汚れてもいなかったので、なかなか良い価格査定をしてもらうことができました。
会社の昼休みに空き箱を利用して梱包して、いつも取引している宅配便で送ったら、数日後すぐに連絡があり製品を確認したのですぐに振込みするということでした。
電話一本するだけで手続はすぐに進んで、あっという間現金になっていたという感じでした。
中古品を買取ってもらうということに対して、ただ手続がややこしそうと思っていたのですが、こんなに簡単だとは知りませんでした。

代表的な製品

GOSEN(ゴーセン)のコンパクトでかつ多機能な性能を持つ「オフィシャルストリンガー05EX」です。そして、TOALSONの「 X-9000L」です。こちらの製品は、多彩な機能が搭載されているデジタル制御タイプのストリングマシンです。
張り上げ作業もスムーズですし、デザインも最新式なガット張り機です。また、コンパクトなデジタル制御式の最新型のストリングマシンと言われる「TOALSON X-1000L」です。

付属品やオプション品

付属品は、ガットストッパーやプライヤーグリッパー、ストリンガームーバーやストリンガーオール、六角レンチや試し張り用ガットなどが挙げられます。
オプション品は、プライヤーグリッパーやニッパーなどが挙げられます。

ガット張り機の使い方

ガット張り機の使い方

ガット張り機はアナログに近いものと、デジタル化されているハイテクな機械もありますので、使い方はメーカーや機種によって異なります。
大型の機械の場合はまずはフレームサポートポストを調節し、ラケットを固定していきます。そして仮止めをするのですが、きつく締めすぎるとラケットが壊れてしまうので調節が必要です。
ラケットのセッティングが終わったらストリングの張り上げ作業をはじめます。これも機械によってどこにテンションをかけるかなどはことなりますので、ガットは張り機を使用する前には取扱説明書を読んでから使用することをお勧めいたします。

ガット張り機の修理方法

アナログに近いガット張り機の場合はフックを交換したり、交換できる部品の交換をすれば修理簡単にできる場合がありますが、デジタルで作業するガット張り機の場合でスピード調節などコンピューターの部分に不具合がでたという場合はご自分で修理難しいかと思いますので、メーカーの修理店で修理することをお勧めいたします。