今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ダイブコンピューター

ダイブコンピューターの買取

ダイブコンピューターの買取

ダイブコンピューターとは?

ダイブコンピューターとは

ダイブコンピューターとは略してダイコンとも呼ばれますが、ダイビングしている時に身体に蓄積される窒素の量を測定して、水中に潜水可能な無限圧潜水時間を教えてくれたり、減圧ダイビングでの停止深度や時間をリアルタイムで計算して表示する機器です。

一般的な標準人体モデルを前提として窒素の量を計算して表しているので、個人によっての差や環境、体調などは考慮することはできないので、この数値は目安として考えた方が安全だと考えられます。

けれどもダイビング中に起こり得るあらゆる危険を考慮した上で、あくまで参考の値ではありますがダイバー達にとってなくてはならない機器だとも言えるでしょう。

ダイブコンピューターのタイプにはコンソールタイプリストタイプがありますが、最近ではコンソールタイプよりもコンパクトなリストタイプの製品が圧倒的に多くなっています。

リストタイプはダイバーウォッチのような感覚で使用することができるので、潜水するときにも負担なく身に付けて利用することができるでしょう。

ダイブコンピューターには現在の水深や潜水時間、無限圧潜水時間、体内残留窒素量、体温、浮上速度の警告などを文字表示やアラーム音などで伝えます。

ダイブコンピューターを選択するときのポイントとしては、機能や使いやすさ、表示項目や材質、価格などをチェックして、自分に合ったダイブコンピューター選択するようにしましょう。

一般的なダイブコンピューターには基本的な機能はありますが、減圧理論や人体モデル、安全性などはメーカーによっても異なります。

ですから実際ダイビングのシュミレーションなどを通じて比較してみることも一つの方法でしょう。

またダイビングの表示項目の中にはなくてもない項目もありますので、カタログなどを見て自分が必要な項目があるのか、見やすいレイアウトになっているのか、警告音やアラームはどのようになっているのかなども確認されることをお勧めします。

ダイブコンピューターを高価買取してもらうポイント

ダイブコンピューターを効果買取してもらうポイントでチェックしておきたいのが傷・汚れがないかという事と、動作が正常かという事です。

画面が汚れて見えない場合には必ず拭き取り綺麗にしましょう。
特に画面に傷が多ければ高価買取にはなりません

また操作が正常でなければ買取することができません。
電源は正常に入っているか、データを保存できるかどうか、保存されたデータが正確に表示することができているか、電池は切れていないかなどを必ず確認しておきましょう。

さらに付属品も一緒に揃えて出すようにすれば高価買取となる可能性があります。
保証書や説明書の他にUSBケーブルはもちろん箱や交換用のベルトなどもあれば一緒に出すようにしましょう。

ダイブコンピューターを買取したお客様の体験談

ダイブコンピューターを買取したお客様の体験談

不要になったダイブコンピューターが高値で買取に

ダイビングする時間がなくなったので、不要になったダイブコンピューターが売れるのか探していました。

こちらでは買取も全国対応だったのでお願いしたら、すぐ査定してくれたので手続きなども早かったです。

手続き等も面倒なことがなかったのも良かったです。
送る時もどのようにすれば査定金額が上がるのかなどアドバイスをくれたので、普通はそこまで言ってくれないことまで教えてくれて良かったです。

結果的に高額になったので、大変満足でした。

またダイビング系の物も取り扱っているのかお聞きして買取に出せたらと思います。

捨てる用のものまで買取してもらえました

あまり使用していなかったのですが、ダイブコンピューターを買取に出しました。

使用していないから動くかどうか不安のあるようなもので、年数は浅いものの査定金額は低いかなと思っていました。
不安ながらも連絡したところ、言われた通りに動作確認をして大丈夫だったので送りました。

その後も時間がかかるかなと思っていたらすぐに連絡、査定結果を教えてもらって確認後に入金ということでスムーズでした。
最初に思っていた不安とか査定金額とかも思ってた以上のもので、ズベテガスムスだったことが良かったです。

またお願いしたいと思います。

代表的な製品

ダイブコンピューターの代表的なメーカーや型式としてはアクララングダイブコンピューターカルムYL、TUSAIQ1204DC Solar LINK MULTILEVELダイビングコンピューター、Hele I Wahoスノーケリングマスターダイバーズウォッチダイブコンピューター、SUUNTOのZOOP NOVO LIME、MaresのMatrix Dive Computer、SUUNTOのZOOP NOVO BLACK、アクアラングのダイブコンピュータI300、クレッシーサブのレオナルドダイブコンピューターホワイト、SUUNTOのZOOP NOVO BLUE、スキューバプロのアラジンスポーツなどがあります。

付属品やオプション品

ダイブコンピューターの付属品やオプション品としてはスキューバプロテクター、ウォッチガード、充電コード、交換用ベルト、エクステンションベルトなどがあります。

ダイブコンピューターの使い方

ダイブコンピューターの使い方

ダイブコンピューターはバッテリーを確認して必要に応じて充電やバッテリー交換を行なって下さい。

使用目的に応じてモードや設定を選択して、必要な数値や時間を表示させるようにします。

必要に応じてライトを点灯させたり、ブザーや警告音が鳴ったら速やかに対処するようにしてください。

ダイブコンピューターの修理方法

ダイブコンピューターの表示に問題があったりバッテリーを交換しても表示されないなど不具合や故障が考えられたら、メーカーや購入店を通じて修理をお受けになることをお勧めします。