今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ドレンクリーナ

ドレンクリーナの買取

ドレンクリーナの買取

ドレンクリーナとは?

ドレンクリーナとは

『ドレンクリーナ』とはアサダ株式会社が製造販売している、下水管などの目詰まりを直したり清掃する時に使用する物です。

家庭ではあまり馴染みが無い物ですが、業務用では大活躍しております。主なところでは飲食店やスーパー銭湯などの浴場施設からホテルや旅館などの幅広い分野で使用されております。

特に飲食店で油を使うところでは定期的に排水管の清掃をしなければ、流した排水の中に含まれる油分で、あっと言う間に下水詰まりを起こしてしまいます。

ですのでお店や施設を営業中には点検清掃などできないので、営業が終了した夜間や定休日に行われている為に一般的に目にする事がないのです。

高圧洗浄機が普及しておりますが、複雑に絡み合った下水管では目に見える一部分しか洗浄できず、排水溝付近にしか適しておりません。

その昔、まだトイレなどが水洗になる前の家庭では下水などの排水管が細くて、しょっちゆう目詰まりを起こしていました。

その為昔は各家庭の風呂場の排水溝から金属ワイヤーなどで加工された物が常備されていたけれど、上下水道の設備が整い、家庭での排水管の詰まりはほとんど見受けなくなりました。

しかし、今でも飲食店などでは家庭の何十倍もの油分を流すので、大きな店舗などではドレンクリーナ常備しています。

また上下水道業などは必須のアイテムです。

弊社ではドレンクリーナの買い取りを致しております。下水関連で使用する物なので多少のホースの汚れなど、気にしないで結構です。

(もちろんキレイであれば査定額は大幅アップします)オプション品や付属品なども合わせて売却頂ければ高額買い取りさせて頂きます。買い替え等で不要になりました機械がございましたらお気軽にご連絡下さい。

ドレンクリーナを高価買取してもらうポイント

ドレンクリーナーは外で使用することも多いので、キズや汚れが付きやすい傾向にあります。

特に脚の部分にはキズが付きやすくなっていますし、場合によっては泥などが付着してしまうこともあるでしょう。

できる限りキズは付けないようにしておき、汚れなどはこびり付いたらすぐに清掃をすることできれいになります。

そうすることで高額買取ができるようになるのです。

もちろん種類によっても買取価格というのは影響してしまうのですが、低騒音で軽量のタイプが人気なので、買取価格が上がる可能性があります。

清掃能力もできる限り高い方がよいでしょう。

ワイヤのキズや汚れにも注意しておかなければいけません。

標準の付属品はきれいな状態で保管しておくことが、高額買取のポイントだと言えるでしょう。

ドレンクリーナを買取したお客様の体験談

ドレンクリーナを買取したお客様の体験談

40代女性 専業主婦

家の掃除を徹底的に行うため、以前小型で軽量のドレンクリーナーを購入しました。
頻繁に使用したわけではありませんが、マンションに引越しをしてから全く使用しなくなってしまったため、処分したいと考えていたのです。

小型で軽量のタイプとは言え、比較的高い値段で購入しましたし、まだ使用することができるので、何とか買取してもらえる業者はないかと探していたところ、業務用機械買取ドットコムというサイトを発見しました。

査定依頼をしてみた結果、思っていた以上に高い値段買取してもらえることになったのでよかったです。

50代男性 清掃業者運営

清掃を行う会社の経営をしているのですが、新しいドレンクリーナーを導入したので、古い方を処分しようと検討していました。

そこで思い出したのが、以前業務用機械買取ドットコムという業者で、友人が機械製品を高額買取してもらったという話です。
そこでサイトを確認してみると、ドレンクリーナーの買取も行っているようなので、問い合わせをしてみました。

買取も可能だと言いますし、とても丁寧な対応だったので、早速依頼しました。
きれいに清掃をしてから配送したのですが、期待通りに高い値段で買取をしてもらえたので満足です。

代表的な製品

ドレンクリーナのような配管清掃専門の機械は製造している会社は数が少なく、アサダ株式会社のシェアが多数を占めています。

水道やガスの配管用機器及び設備機器メーカーとして知られており、パイプマシンのシェアは、世界トップクラスです。まさに配管を知り尽くした会社だけあってドレンクリーナにも定評があるのでしょう。

現在入手可能な物は「H-150・E-150・ R-550・R-600・R650・R750」の6タイプです。細かい説明は省略しますが、数字の大きいものほど高性能機種となっております。

付属品やオプション品

ドレンクリーナはご利用されている配管の状態や構造によって様々なオプション品のアタッチメントを交換して使用しております。

ほんの一例ですが、ワイヤーの径や材質によっての違いや、詰まりの状態により使い分けるヘッドはバルブヘッド・ドロップヘッド・ファネルヘッド・マルチヘッド等多彩なラインナップです。

ドレンクリーナの使い方

ドレンクリーナの使い方

ドレンクリーナは工場や一般住宅・ビル内の下水管・排水溝の詰まっている部分にワイヤーを送り込み、洗浄機等では落とせない頑固な汚れ削り落とします
ヘッドには刃が付いているため、その部分を汚れ等に近づけて作動させることで汚れを削り落とします。

小型のタイプでは自宅の風呂や流し場等の排水管にも使用することができます。
ワイヤーは自動で挿入するタイプと手動タイプに分かれているので、場所や用途に応じて使い分けることができます。

ドレンクリーナの修理方法

ワイヤ部分が切れたり捻じ曲がった時やスイッチを入れた時にヘッドの動きが悪い場合はワイヤすべての交換必要です。
またヘッドの刃の部分が欠けた時も交換となります。

モーターからの変な音や、動かなくなってしまった場合には電圧やスイッチ・モーターの異常が考えられるので、メーカーに修理に出しましょう。