今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
位相特性試験装置

位相特性試験装置の買取

位相特性試験装置の買取

位相特性試験装置とは?

位相特性試験装置とは?

波動など周期的な現象の中で、ある周期の中の位置を示す無次元量のことを位相 といいます。

位相の単位は角度、度またはラジアンで表現されて、電流や電圧などの交流が時間とともに変化する場合に、その周期の位置を位相といいます。

このように位相は物理学において振動や波動など周期的に運動をするときに、どの点にあるかを示すことができ、正弦関数では角度に値します。

つまり位相とは違いを測るルールとなる距離や角度 であると理解することができるでしょう。

このような位相の特性を検査したり試験を行う装置 のことを位相特性試験装置 といいます。

このような位相の特性を試験する方法としては、零相電流整定タップや電圧タップ、時間整定タップ、最高感度各などをそれぞれ基本値に合わせてから、各スイッチをオフにするなどして準備をしてください。

次に試験回路を構成するために、電源の極性を合わせたり、ストップ信号切替スイッチをそれぞれに応じて設定します。

試験の種類としては動作電流試験や動作電圧試験、位相特性試験、動作時間試験、慣性特性試験などがあり、それぞれの試験を行なってから基準に基づいて判断を行なうことになります。

電流や電圧を流しての試験 となりますので、どの試験を行う時にも十分に注意して行なう 必要があるでしょう。

また連動試験を行なう場合には活線状態で測定を行なう時には、負荷をなるべく接続していない状態で行なわなければ、動作時間に誤差が生じる可能性がありますので注意しましょう。

このような位相特性試験装置は会社の研究室など法人で利用されることが多いと思います。

試験装置の内部では高電圧を発生したり、電極が露出している部分があるなど危険性のある機器でもありますので、試験中には内部を手で触れたり無理な電圧を加えることは避けて、最新の注意を払いながら行なうように心掛けて下さい。

位相特性試験装置を高価買取してもらうポイント

位相特性試験装置はかなり特殊性の高い機械なので一般の方には馴染みの薄いものだと思います。今回は位相特性試験装置を高価買い取りするポイントをいくつか紹介してみます。
①小型計量タイプ
据え置きタイプの物が多い位相特性試験装置ですが、最近は小型計量タイプ の物が人気が高くなっておりますので、これからはこちらが主流になるかと思われます。

②高性能タイプ
やはり詳しく計測する為には小型計量タイプでは限界がありますので、重量はかさみますが、高価格帯の高性能タイプ が中古市場で活発にうごいております。

③購入してから日が浅い
すべての中古品に共通する点ですが、やはり新しい機械から先に売れていきますので、古い機械より新しい機械の方が査定額も高くなります。

位相特性試験装置を買取したお客様の体験談

位相特性試験装置を買取したお客様の体験談

会社で使っていた位相特性試験装置を買い取ってもらいました。

電気保守関係の会社で働いており、そこで位相特性試験装置を使ってました。

いままで古いタイプの大型の装置を使っており、たいへん持ち運びに不便 ということで、このたび新しいコンパクトな製品に買い換えとなりました。

ただ古い製品は、まだ使えるのでそのまま廃棄するのももったいない と思い、売れないかと考え買い取ってくれるサイトを探しました。

すぐにこちらのサイトが見つかり、電話で型番を使えると買取可能だということで買い取っていただきました。(40代/男性)

不要な位相特性試験装置を売りました。

鉄道関係の保守点検に、位相特性試験装置を使っています。リレー特性試験のための電流特性試験をメインに、いくつかの試験も行ない、その中で位相特性試験のために位相特性試験装置を使っていました。

しかし保守点検は他の外部に委託することなり、位相特性試験装置も不要 となりました。

まだまだ新品で使えるので、せっかくと思い、こちらの買取サイトに買取をお願いしました。

こんな業務用の専門の機器でありながら、買い取っていただけた、それなりの値段になった ので、とても良かったです。(30代/男性)

代表的な製品

位相特性試験装置のメーカーとしては、一番多くの製品を発売しているのがマルチ計測器株式会社 です。その他にも、双興電機製作所、上電機製作所 などがあります。

製品としては、マルチ計測器株式会社の「CN1131A 自動位相特性試験器」「CN1170A 位相特性試験器」「CN2022E デジタル小型位相特性試験装置」があり、その他のメーカーでは、双興電機製作所の「DGR-3050CVK 無歪み型位相特性試験装置」、上電機製作所の「位相特性試験器 DGT-M2」などがあります。

付属品やオプション品

位相特性試験装置の付属品としては、試験用コード一式、取扱説明書、ケースカバー、アース線などがあります。製品によってはジュラルミンなどの金属ケースに入っているようなものもあります。電池やバッテリーなどの消耗品がオプションになる場合もあります。

位相特性試験装置の使い方

位相特性試験装置の使い方

電子回路であれば必ず周波数特性を持っています。回路設計では回路の周波数特性から扱う信号の周波数範囲が決まってきます。

これらの周波数と位相の関係を表した物が位相特性と呼びます。

位相とは波形と波形のズレを表わすもので、位相特性試験装置はこれらの電圧波形と電流波形を調べるための機械 なのです。

位相特性試験装置の修理方法

これらの測定装置は基準が狂ってしまうと得られるデータが信頼性に欠けてしまうので、万が一故障している場合には速やかに販売店かメーカーまでお問い合わせ下さい