今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
卓上精密旋盤

卓上精密旋盤の買取

卓上精密旋盤の買取

卓上精密旋盤とは?

卓上精密旋盤とは

旋盤というのは、金属を加工するために用いられている機械なのですが、基本的には丸い物を加工するために使用します。

旋盤の種類もいろいろとあり、現在主流となっているのは、プログラムを組んで加工したい材料をセットすれば、後は自動的に切削を行ってくれるNC旋盤という種類でしょう。

自動ではなく手動で行う旋盤汎用機、もしくは汎用旋盤と呼ぶのが一般的です。

旋盤にもサイズが存在しており、かなり大きなタイプから小さなタイプも存在しています。

小さな部品を加工する場合には、卓上精密旋盤という種類の機械を用いると、加工しやすくなると言えるでしょう。

通常旋盤は大きくてかなり重いので、移動するときにはクレーンやフォークリフトなどを用いるのですが、卓上精密旋盤は小さい上に軽いので、人の手で移動させることが可能です。

そんな旋盤の特徴というのは、3つの爪で加工したい金属を挟んでセットして、セットされた台が回転する仕組みになっている点でしょう。

刃物台と呼ばれているところに加工するための刃をセットして、回転している金属を刃に接触させると削れるという仕組みになっています。

長い物を加工する場合には、どうしても3つの爪から遠い場所は回転が大きくなってしまいますし、刃が当たったときにセットした金属が爪から外れて飛んでしまうこともあるのです。

そのため、後ろにある心押台で材料を抑えて加工しないといけません。加工するときにもこのような注意点がいろいろとあります。

卓上精密旋盤はかなり速いスピードで回転するので、軍手がほつれていると、回転台に巻き込まれてしまい大事故に繋がることがあるのです。

そのため、基本的には軍手を着用せず素手で作業をしないといけません

。材料をセットする場合にも、きちんとセットしていないと材料が飛んでしまうため、しっかりとセットすると共に、芯出しという作業を行ってまっすぐになるように調整する必要があるのです。

そのため、卓上精密旋盤を使うには、ある程度技術が必要になります。

卓上精密旋盤を高価買取してもらうポイント

卓上精密旋盤を高価な価格で買取してもらうためには、まず卓上精密旋盤がきれいで正常な作動を行なうことが第一条件でしょう。

長期間使用していたり刃物部分が擦り切れたり折れたりしてはいないか、ハンドルやロールチャックの動きは正常なのか、古くなってあちこち交換しなければならない部分はないかなどを十分に確認してから査定を申請してください。

古いものだと正常な動きができても汚れや使用感などで査定額が落ちてしまう可能性がありますので、買取をお考えの際はできるだけ早く少しでも新しいうち売却されることをお勧めしています。

また付属品やオプション品などは揃っているかも確認してください。

卓上精密旋盤を買取したお客様の体験談

卓上精密旋盤を買取したお客様の体験談

エンスーマニアには必須アイテム

趣味でオールドビンテージカーを所有しています。生産終了から50年を越えているとパーツの供給も無いので、ネットオークションや海外のサイトで探すしか手段だ無いのです。

それでも見つからなければ旋盤を使って自作するしかないので、フル活用しています。

大きいサイズのフライス盤は必要無いけれど、精密な物が必要なのでその結果従来使用していた小型旋盤からの買い替えに至りました。

他のパーツでもお世話になっている『業務用機械買取ドットコム』さんで古くなった機械買い取ってもらいました
(山形県 二十代 男性)

これさえあれば大抵の物は自作可能

工業高校の機械科卒業だけど、それとは全然関係無い会社に就職して働いています。初ボーナスで卓上旋盤を購入しました。

趣味の範囲で色んな物を自作してブログにアップしていたら、サイトの閲覧者からいろいろ作品のリクエストが来始めて、ちょっとした小遣い稼ぎになっています。

気がつくと制作代金とブログの広告収入で本業の収入を上回ってきたので、もっと精密で高価な旋盤に買い替えました。

電動工具で以前から取り引きのある『業務用機械買取ドットコム』さんにお願いして引き取ってらいました
(愛知県 二十代 男性)

代表的な製品

卓上精密旋盤の代表的なメーカーや型式としては東洋アソシエイツ精密卓上旋盤Compact9 60500、サカイマシンツールのミニレースML-360、メカニクスの精密万能工作機械TNA550モデル3基本セット、ホーザンの卓上フライス盤兼ボール盤、ミスターマイスターのミニフライス盤、プロクソンのミニウッドレース、榎本工業のミニ旋盤1100、プロクソンのフライスマシン、プロクソンのウッドレースDXなどがあります。

付属品やオプション品

卓上精密旋盤の付属品やオプション品としてはスクロールチャック、ピンレバー、回転センター、刃物台、六角レンチ、スパナ、ドライバー、ケース、取扱説明書などがあります。

卓上精密旋盤の使い方

卓上精密旋盤の使い方

卓上精密旋盤はまず電源コードを入れてスイッチを入れます。

加工する製品を準備してから、加工内容を確認します。

穴あけや削りなどの作業を確認して、速度を調節してから加工を始めて下さい。

必要に応じて回転や自動送り、先端刃の交換などを行なって下さい。

卓上精密旋盤の修理方法

卓上精密旋盤の加工時に回転しなかったりプレートが動かないなど不具合が見られる場合には、メーカーを通じて修理を受けられることをお勧めします。