今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
水中カメラ

水中カメラの買取

水中カメラの買取

水中カメラとは?

水中カメラとは

水中カメラというのは、名前の通りに水中で使用できるカメラのことを指します。通常のカメラの場合、水中での使用はできませんし、故障の原因になってしまいます。近年は防水機能が付いている種類が多いので、水の中でも撮影できるのではと思う人もいるでしょうが、水中での撮影に対応している種類でなければいけません。水中カメラにもいろいろな種類があるので、どのような場所でどのように撮影したいのかによって、購入する種類が変わってきます。

写真ではなく動画撮影に用いるのに適しているタイプもありますし、海水での撮影に適している種類もあるので、よく仕様を確認しておきましょう。ユーチューブなどの動画投稿に用いることも多くなっている現在では、より高画質で雑音が入りにくいタイプが求められているのですが、水中ではどうしてもカメラを投入したときの水の音や、水が流れる音が入ってしまうことが多いのです。このような雑音を気にする人は、かなり値段の高いカメラを購入しないといけません。

それでも完全に防げるわけではないものの、やはり高価な種類のカメラの方が、動画撮影もカメラの撮影も品質がよくなると言えるでしょう。マリンスポーツが現在では流行っているのですが、マリンスポーツの撮影などに適している種類も存在しています。しかし、スポーツの場合にはかなり大きな動きをするのが一般的なので、安い水中カメラではピントが合わなくなってしまうこともあるでしょう。

そのため、オートフォーカス機能の性能はしっかりとチェックしてから購入しないといけません。普通に写真を撮るだけという場合であれば、自分でピントを合わせられるタイプでもよいのですが、現在のカメラは、水中カメラに限らず、オートフォーカスになっているのが一般的です。解像度や耐えられる水深などをチェックしておくことも重要なのですが、オートフォーカスの機能というのはかなり重要だと言えるでしょう。たくさん種類があるので、店員に詳しく聞いてから購入するべきです。

水中カメラを高価買取してもらうポイント

水中カメラはダイビングや水辺などでも使用可能なカメラであり、何よりも防水性能が重要になっています。

水中カメラだと安心して水中などで利用していたのに、防水機能が落ちていたら水中カメラの意味がありませんよね。

このような水中カメラを高い価格で買取してもらうためには、何よりもこの防水機能に問題があっては難しいでしょう。

また防水機能だけでなく水中で撮影してもきれいに撮影が可能であるか、カメラのレンズやそれぞれの機能に不具合や故障はないかなど、基本的な性能に問題はないかを十分に確かめていただく必要があります。

汚れがあったらきれいに拭き掃除などをして頂いて、レンズや内部にもカビや曇り、汚れなどはないかきちんとチェックしてから査定を申請してください。

水中カメラを買取したお客様の体験談

水中カメラを買取したお客様の体験談

状態の良さを評価してくれました。

ダイビングで使用をしていた水中カメラ
いかにスマホの撮影機能が進化しているとは言っても水中にまで持って行くわけにはいかないので、とても重宝していました。
しかしもう若くないこともあり、ダイビングを引退をすることになったので、こちらのお店に買取依頼をすることにしました。

大切に扱っていたので状態には自信があり、査定を担当したスタッフもその事を高く評価してくれました。
そのおかげで少し古い製品だったにも関わらず十分な金額で買い取ってくださり、とても満足をしています。

引っ越し資金の足しになりました。

アウトドアをしていた事もあって水中カメラをコレクションしていたのですが、引っ越しを機処分をすることにしました。

どこで売ろうかと迷った末に選んだのが、業務用機械買取ドットコムです。
「業務用」という名前が付いていますが個人が使用するものでも買い取ってくれるようで、迅速に仮査定を行ってくれました。

まとめて売ったので値段もそれなりになり、引っ越し資金の足しにすることが出来ました。
ここは他にもいろいろと買取を行っているようなので、機会があればまた利用したいと思います。

どうもありがとうございました。

代表的な製品

水中カメラの代表的なメーカーや製品名はシーアンドシーのハイエンドコンパクトカメラソニーDSC-RX100、シーアンドシーのデジタル一眼レフカメラキャノンEOSKissX8ij、キャノンのG7Xウォータープルーフケース、キャノンのデジタルカメラパワーショットD305倍ズーム、キャノンのパワーショットS120、ソニーのCyber-shotDSC-RX100などがあります。

付属品やオプション品

水中カメラの付属品やオプション品としてはウォータープルーフケース、防水プロテクター、バッテリーパック、ACアダプター、マイクロUSBケーブル、リストストラップ、ストラップアダプターなどがあります。

水中カメラの使い方

水中カメラの使い方

水中カメラは防水ケースやプロテクターなど防水機能を確認してから、必要に応じてケースに入れたりして使用してください。

内部のSDカードを確認して、必要に応じてストラップなども取り付けて安全に使用してください。

撮影を行ないながらメモリーは十分残っているか、水中での撮影きれいに行なえているかもチェックしてみましょう。

水中カメラの修理方法

水中カメラを使用していて防水機能が落ちたと感じたり、カメラやレンズの本来の機能に問題があると感じられたら、メーカーや買取店を通じて修理を受けられることをお勧めします。