今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
穿孔機

穿孔機の買取

穿孔機買取

穿孔機とは?

穿孔機とは?

穿孔機(せんこうき)とは、工作などの作品にドリルを使用して穴を開ける機械で、ボールの形状をしています。鋼管や石綿管や鋳鉄管といった排水管には、サドルの分水栓を取り付けて分岐工事を行う為に使用する機械です。
穿孔機は、サドルの分水栓には、無くてはならない存在です。穿孔機には、手動式電動式と2種類あるのが特徴です。

穿孔機というと、水道関係のお仕事の方や電機メーカーなどのお仕事に携わっている人しか知らない専門用語に思われますが、サドルの分水栓を取り付ける際には、万が一の為に役に立つことが多いのではないでしょうか。
人気の高い穿孔機とは、本体やアダプタの素材が、銅や青銅製を使用しており、耐久性に優れているのが特徴です。また、軽量で小型でかつ取り扱いが簡単であり、防錆銅コアや密着銅コアによる挿入などに対応する穿孔機が売れている製品の特徴です。

最近、ポピュラーな穿孔機と言われているのが、「大背式 ガス用電動穿孔機」です。こちらの電動穿孔機の特徴は、穿孔部と電動機が密閉式である為、使用価値の高い製品です。

更に、電動機を採用した穿孔機は、いくつかの工法を用いた動力の源として、使用範囲が非常に広いと言われています。
そして、安全性に優れた穿孔機も、人気の高い製品と言えます。中でも、ウチダテクノ「D-7」という穿孔機は、コンパクトで安全性に優れた穿孔機として、操作がとても簡単ですし、オフィスなどでも使用されている程です。
尚、穿孔機は、取り扱っているメーカーや機種によって使い方が異なりますので、取扱説明書をしっかり読んで機械を使用されることをおすすめします。

更に、手動式と電動式とでは、サドルの分水栓の取り付け方が異なってきます。
サドルの分水栓に取り付ける際には、泥や土などをクロスで拭いてから使用しましょう。そして、穿孔機を取り扱う際には、危険ですので、必ず軍手などを使用して、手で直接触れるのは止めましょう

穿孔機を高価買取してもらうポイント

穿孔機を高価買取

まず、軽量でかつコンパクトで丈夫な製品が良いでしょう。状態がとても良く、穿孔機として分水栓を安全に取り扱えるような機械が望ましいです。

また、ウチダテクノやタブチなどの有名ブランドメーカーであることがポイントです。

穿孔機は精密で特殊な機械ですので、取扱説明書や付属品がしっかりと揃った状態でかつ、汚れがあれば、綺麗にしてある状態が大切です。
査定の前には、正常に機械が作動するかどうかを点検しておきましょう。

穿孔機は、本体ケースの中に綺麗に収納された状態で、ケースも綺麗である方が良いですね。

穿孔機は、複数で査定に出した方がより高く買取って貰えますので、出来るだけ多くの穿孔機を出品することをおすすめします。
穿孔機 付属品

穿孔機を買取したお客様の体験談

穿孔機を買取したお客様の体験談

退職を機に、処分することに

水道業者で働いています。長年働いていますので、穿孔機はかなり沢山持っていました。ところが、退職するに当たり、穿孔機をデモ機として使用する必要がなく、どうやって自宅に保管されたままの穿孔機を処分したらいいのか分からず、困っていました
取り合えず、無料で引き取ってくれる業者さんはありましたが、中古ですので問題なく使える状態でしたので、やはり、リサイクルとして買取って貰うことにしました。
会社には、内緒にしてくれるということでしたので、安心して買取って貰うことが出来ました。どうも、ありがとうございました。

イチかバチか査定に賭けました!

仕事柄、穿孔機を何度も買い替えては、試験的に使用していました。気が付けば、かなりの台数になっていましたので、そろそろ、整理しようと思いました。
ただ、殆ど未使用に近いような状態がとても良い物ばかりでしたので、何とかお金に換えられたらと思い、イチかバチかで買取って貰おうと査定に出しました。
すると、予想以上の価格で査定をして頂き、入金までの取引もとてもスムーズでした。迅速かつ丁寧な取引に大変感謝しております。
買取って貰って頂いて、本当に良かったと思っております。誠実にご対応頂き、ありがとうございました。

代表的な製品

代表的な製品とは、株式会社タブチの「電動穿孔機プラネット-A」です。こちらの本体には、アルミで出来ており、軽量で丈夫な製品です。もう一つは、株式会社タブチの「電動穿孔機イナズマ」です。こちらも、プラネット-Aと同じく、軽量でかつ、丈夫な製品で、72dbと低騒音です。
そして、日邦バルブの「水道用電動穿孔機 A-2Rファルコン」です。こちらの製品は、コンパクトでありながら高性能で耐久性と操作性に優れた製品です。

付属品やオプション品

穿孔機 付属品一式

付属品とは、ラチェットハンドルやアダプター、ケースやアイナット、モーターレンチやツールボックスなどが挙げられます。
オプション品としては、チタンコートドリルやVP用ドリル、挿入棒や排水金具などが挙げられます。

穿孔機の使い方

穿孔機の使い方

穿孔機 はドリルで工作物に穴を開ける機械です。全自動のペーパー用穿孔機 の場合には開けたい穴の種類を選んだり、幅の調節やドリルの高さを調節をしてから、穴を開けたい対象物を機械に置いてから電源スイッチをオンにするだけでサクサクと穴を開けてくれます
女性でも簡単に使用することができます。手持ちの電動穿孔機はドリルのように使用するので、ドリルのビットをセットアップしてから穴を開けたい対象物に穿孔機を押し付けながら穴を開けていきます。

穿孔機の修理方法

大型の穿孔機は高額で複雑な構造をしていますので何か機械に不具合があった場合にはご自分で修理をなさらずメーカー専門の修理店修理をすることをお勧めいたします。
コンパクトな電動穿孔機であれば穴を開けるビット部分に不具合がでた場合は交換ができます。しかしモーター部分の不具合の場合は専門店で修理をしてください。