今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
調理機械

調理機械の買取

調理機械買取

調理機械とは?

調理機械とは?

調理機械とは、食品加工業やレストランや学校給食、社員食堂や病院や福祉関係で出される給食などで調理をすることを目的とした業務用の機械です。野菜や肉などを食べやすい形に切ったり、混ぜたりすることを概ね機械が作動することによって、調理をしてくれる機械です。
調理機械には、野菜や肉などの材料を加熱したり冷やしたりする機械と材料を切る為の機械がありますが、調理機械には、実に多くの種類があるのが特徴的です。

野菜や肉などの食材を温める機械は、福祉施設や病院などで使用されることの多い「再加熱カートシステム」です。こちらは、冷凍状態のお料理を食器に盛り付けてから、トレーごと機械に入れて、チルド保存できます。
食品の劣化を防ぎ、食中毒予防に効果が期待されている「真空冷却機」なども需要の高い製品です。

スチームとホットエアーが結合した調理器としては、「コンビオーブン」が挙げられます。庫内の温度が最大で300℃以上も保温が可能で、ハイテクかつ高機能な機械を導入している為、交差による汚染を予防してくれる働きがあります。
強力な火の力で揚げ物調理を可能とする「フライヤー」も、調理機械を使用するところでは、必要不可欠な存在です。

材料のサイズや切り方などを多彩に効率よく大量に切ることが出来る「フードスライサー」があります。また、「フードカッター」といって、野菜などの食材を素早くみじん切りしてくれる機械があります。
更に、人参やじゃがいもや玉ねぎなどの根菜類などを素早く切さいしてくれる「野菜調理器」も、飲食業界にはなくてはならない存在です。
そして、病院で入院している患者さんや赤ちゃんの離乳食作りには欠かせない、「ブレンダー」も、病院などの施設などでは、重宝されています。ブレンダーは、温かくしたおかゆを大量にペースト状にしてくれる機械です。また、高性能で精度の高い「高速度ミキサー」には、液状の素材の混合には欠かせません。

調理機械を高価買取してもらうポイント

調理機械といってもたくさんの種類がありますが、まずどんな調理機械であっても買取金額を高くするためには綺麗であることが重要です。
使用すれば特に調理ということで食べ物が付着し年々汚れもたまってくるでしょう。
調理場での使用も油分がこびりついたりするのでまずはしっかり掃除してから買取に出しましょう。
そして付属品等部品が揃っているか、壊れていないかなども確認しましょう。
年式もできるだけ新しい方が高価買取につながります。
また年式に関係なく定期的にメンテナンスもきちんと行なっていたかも重要となりますので注意しておいた方が良いでしょう。
見えない部分が破損しかけている場合もあります。
必ずチェックしてから買取に出しましょう。

調理機械を買取したお客様の体験談

調理機械を買取したお客様の体験談

点検済だったから、高く買取ってもらいました!

給食センターで働いており、そろそろ、全て新しい製品の買い替えたく思い、給食センターで使用していた野菜洗浄機やサイノ目切り機や野菜調理器などがありましたので、業務用調理機器を買取って下さるような業者はないかどうか探していました。
すると、「業務用機械買取ドットコム」さんのことを知りましたので、こちらは、問題なく使用出来ることを伝えましたところ、買取って貰うことが出来ました。全て、点検済みですし、洗浄済んでいますので、それが良かったそうで、職場の人には、内緒で買取って貰うことが出来ました。使用していた際には、一度も「食中毒」なども無かった旨を伝えたところ、それも、高く買取って貰えたポイントであると思います。

使わない未使用品などは買取ってもらうのが良いですね!

製造工場関係者の者です。ちょっと言いにくいことなのですが、お試し用で頂いております、ブレンダーやフードカッターやフードスライサーなどがかなり沢山ありましたので、納戸にケースを入れて保管しておりました。
しかし、使用していないものを置いておくのも勿体ないので、自宅でも使用する機械が無い為、買取って貰うことにしました。殆ど未使用に近く、状態が良かった高め査定をして頂きましたので、とても嬉しかったです。

代表的な製品

業務用厨房機器総合メーカーの株式会社「フジマックのピーラーFPH200-1」です。
玉ねぎやジャガイモなどの根菜類を効率良く、短時間で洗い、皮むきを行ってくれる全自動の皮むき機ですので、作業に無駄やロスがなく、皮むきをしてくれる機械なのです。
株式会社シンガーハッピージャパンの「電動オロシーRHG-15」です。こちらは、わずか1分間で5キロ分の大根おろしを作れる機能をもち、目の粗さを調節出来る電動オロシ器です。

付属品やオプション品

フードスライサーの付属品には、輪切りプレートやおろしプレート、1枚刃や2枚刃、短冊切プレートや輪切りプレートや角千切りプレートなどが挙げられます。
オプション品には、タッチセンサーや笹切りガイドが挙げられます。

調理機械の使い方

調理機械の使い方

調理機械のアイスクリームマシンは使用する前にアイスクリームミックス等を用意しましょう。
スイッチを攪拌から冷却になるようにセットしてアイスクリームの原料を流し込んでいきます。
攪拌の羽がその時きちんと動いていることを確認しておきましょう。
あとはタイマーでアイスクリームができるまで待てば完了です。
そのまま出てくるタイプのもの以外は出来上がった際に取り出し保存用のタッパーに入れ替えるなどしましょう。
全てがこの手順ではありませんが大体のアイスクリームマシンの使い方となります。

調理機械の修理方法

大体のお店に設置されているフライヤーですが、使用することで不具合が起きたりしてはとても危険です。
故障の際には必ずメーカー問い合わせましょう。
おかしいと感じた時には必ず使用を止め火事爆発が起きないように電源落とし熱を逃すようにしましょう。