今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
魚群探知機

魚群探知機の買取

魚群探知機の買取

魚群探知機とは?

魚群探知機とは?

魚群探知機は海で魚の漁をする漁師さんたちが船に取り付けて探知するために使用されている機械です。

魚群探知機 は船底の振動子から海中の真下にむけて超音波を発射していきます。そして跳ね返ってきた反射波を時間を読み取ることで距離を把握し魚の群れ探知していきます。超音波は、何らかの障害物にぶつかると反射して跳ね返ってくるという性質があります。海底よりも短い距離で反射波がかえってきた場合にはそこに何かがあることが分かります。

一般的にはその何かを魚群と推測しながら漁をしていくのです。魚群探知機 が世界で初めて作られたのは昭和23年(1948年)で、日本の古野電気という長崎県の漁港で船舶に関する電気工事をしていた会社によって発明されました。古野電気は、漁師さんとの関係が良好で密接であったためさまざまな有力情報をもらえる事ができ、そして協力をしてもらうことも可能でした。古野電気では魚群探知機の製作のため何度何度も実験を繰り返し、ようやく実際に船で使える事のできる魚群探知機 を完成させることに成功しました。その後はその機械によって漁の水揚げ量が画期的に飛躍したため、魚群探知機は飛ぶように売れました。

そして現在でも魚群探知機は漁をするためにはなくてはならないアイテムとなっています。当時の日本は食糧事情が悪く、この魚群探知機のおかげで漁獲量が上がり食卓を豊かになったと言われています。この発明によって世界中の漁のあり方が変化しました。現在では海外メーカーを含めさまざまな種類の魚群探知機が発売されています。

魚群探知機を購入する際にはその目的によって異なった魚群探知機を選択します。例えば、海釣りではなくバスを釣る場合には推進が浅いので出力の少ない魚群探知機十分です。そして海釣りの場合にはボートの種類や大きさに合わせて魚群探知機を選ぶことになります。また魚の種類から魚群探知機を選択する事もできますので、購入の際には熟考が必要になってくるかと思います。

魚群探知機を高価買取してもらうポイント

高く買取って貰うポイントとは、漁船探知機として高性能状態が良い製品です。つまり、魚の反応や船に搭載されている漁船探知機からの情報やリールカウンターにおける水深などの情報がしっかりとキャッチ出来る製品です。
つまり、魚がいる様子や海底の起伏などが分かりやすく、使用者にとって扱いやすい製品です。
また、釣りで使用するリールとの接続による落下速度やリールの巻き上げによる速度の表示や低速巻き上げの際の誘いで活用することが出来て、どんな場面でも、あらゆる分野の釣りにおいて対応することが出来る製品です。
そして、取扱説明書などの付属品とセットになっており、複数で出品されると高めに査定して貰えるでしょう。

魚群探知機を買取したお客様の体験談

魚群探知機を買取したお客様の体験談

自然に溜まってしまった機器を買取ってもらいました

釣りを趣味としている私は、魚群探知機はいっぱい持っていました。それは、かれこれ自分が若い頃から集めていた釣り具などもそうですが、魚群探知機があるかないかで自分の欲しい魚が釣れるかどうかにかかっているからです。
すると、気付かないうちに、魚群探知機を1年2台くらい買替えてましたので、自然に沢山集まってしまいました。そこで、買取ってくれそうな業者さんをピックアップして、高めの査定をしてくれた会社に買取を依頼しようと思ってました。
そしたら、業務用機械買取ドットムさんが、全て買取ってくれて、予想以上高い価格で買取ってくれてとても嬉しかったです。

誰かに譲ろうかな、と考えましたが・・・。

漁業関係で仕事をしています。魚群探知機は、仕事上、なくてはならないアイテムですので、職場には沢山の魚群探知機があります。そこで、職場で沢山頂いたのですが、多すぎてしまい、家で少し整理したと思い、買取って貰えそうな業者を探していました。もし、どこも買取ってくれないようならば、誰かに譲ろうかと思っていましたが、とにかく、査定をして貰えたらと思い、製品を発送して査定して貰いました。すると、思わぬ価格の査定で驚きました。
これから、お仕事が楽しく出来そうです。

代表的な製品

FURUNO(古野電気株式会社) 高性能グラフ魚群探知機 FCV-2100

グラフ表で探知したものを映しだし、探知した魚がどのぐらいの大きさであるのか、どのぐらいの数がいるのかということを知らせてくれます。両をする前にこの情報が入るため漁をするかしないかの判断が出来、効率的に漁を進めることが可能です。

本多電子株式会社 魚群探知機 HE-78MKⅡ

15インチのカラー液晶モニターを搭載していて、細かいデータがはっきりと見やすくなっています。色の配列もまたデータを読みやすくするために考えられています。魚識別セレクター機能を搭載しています。

付属品やオプション品

整流器、DVI/D S-LINKケーブル、イーサーネットハブ、LANケーブル、USB操作部延長箱、トラックボール操作部用フラッシュマウントキット、キングストン、工具、ビーコン内臓キット、モニターオプション、ジョイントボックス、水温センサー、アンテナベース、送受信機、空中線部、インナーハルキット、トライデューサなどの付属品やオプション品があります。

魚群探知機の使い方

魚群探知機の使い方

魚群探知機 には多種多様の機種が出ていますので、使用する前にはまずはメーカー取扱説明書よく読んでからご使用することをお勧めいたします。
そして魚群探知機 はデータの映し出し方が機種によって大きく異なりますし、データの読み方もさまざまです。基本的にはどの機種に関しても一度使い方やデータの読み方を覚えてしまえばとても簡単に魚群を探知することができると思います。
最初にまずはじっくりと取扱説明書を読むことが大切です。

魚群探知機の修理方法

魚群探知機にデータを読み込まなくなった、画面が映らなくなった、魚群を探知しなくなったなどの不具合が起こった場合にはご自分修理をされることはお薦めいたしません
しっかりとした計測をするためにはもし故障を起こした場合には必ずメーカーが指定している修理店で修理を行ってください。