今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
NFアナライザー

NFアナライザーの買取

NFアナライザーの買取

NFアナライザーとは?

NFアナライザーとは

アナライザーとは測定器のことで、あらゆる試料や入力信号、データなどを分析したり解析する装置やソフトウエアのことをいいます。

信号レベルSと雑音レベルNの比をS/N比と呼びますが、入力信号にも雑音があるので入力信号のSi/Ni、アンプを通過した出力信号をSo/Noとして、その比が雑音指数です。

NFアナライザーとは雑音指数を測定する測定機器ですが、雑音指数とは増幅回路での入力S/Nと出力S/Nの比であり、Noise Figureの頭文字からNFと呼ばれることが多くなっています。

雑音指数とは入力S/Nを出力S/Nで割ることによって計算されて、NFは1以上となりますが、1に近いほどノイズが少ないということになるでしょう。

雑音指数とは低レベル信号の処理能力を評価するために使用されるシステムパラメーターで、プリアンプやミキサー、IF増幅器などのコンポーネント評価にも使用されます。

受信システム上では微弱な信号も全て処理しなければならず、これらが雑音により信号の受信ができなくては困ります。

このために雑音指数を測定するNFアナライザーが必要となるのです。

雑音指数の測定方法には直接法とYファクタ法があります。

直接法とは雑音指数をスペクトラムアナライザーでパワーの絶対値を測定してからNFを算出して、測定系はシンプルですが高性能な測定器必要となります。

Yファクタ法は2つの信号をDUTに入力して、この信号の信号対雑音比を入力段と出力段で比較してDUTのNFを算出し、2つの状態のレベル比を表したパラメータです。

現在はテレビのデジタル化を背景にチャンネルの数も増加して衛星放送も数多いことから、それらを受信するLNBの需要も共に高まってきています。

雑音よりも弱い信号は強くしたり、受信アンテナのパワーを上げたりすることで雑音指数による問題は屈服することができるでしょう。

雑音と信号が区別できなくては正常な処理ができなくなるので、適切にNFアナライザーを利用して対処する必要があります。

NFアナライザーを高価買取してもらうポイント

NFアナライザーとは『Noise Figure Analyzer』の頭文字を取って省略された物です。日本語に訳すと雑音指数計測器となります。

電波を測定する時など様々な分野で使用されておりますが、一般的には馴染みの薄い製品です。『NF何デシベル以下』というように増幅器の仕様としてカタログに掲載されていまして、数値の低い方が性能が良いとされています。

しかもかなり高価な物ばかりなので実物を目にされた方のほうが少ないのではないでしょうか。今回はそんなNFアナライザーの高価買い取りのポイントを紹介いたします。

①きちんとメンテナンスされていた製品
ノイズを検出する機械なので計りと同じようにそもそもの数値が正しくなければなりません。その為にも定期的なメンテナンスをなされている機械の方が信頼されます。

②使用期間が短い物

いろんな事情で機械を手放す場合、古い機械よりも新しい機械の方が買い手がつきやすいので、発売されて日が浅い物や、使用期間の短い機械は中古品でも人気が高いです。

NFアナライザーを買取したお客様の体験談

NFアナライザーを買取したお客様の体験談

こんなに高い物とは知らんかった!

まいど!前にも違う品物を買い取ってもらった時に何かの文を書かせてもらったら、また頼まれて書いてます。もしかしてワシも文才があるとちゃいまっか?(笑)

そんな事より今回倒産品で回収したガラクタをまとめて『業務用機械買取ドットコム』さんにお願いしたら、エラい高い物が入ってたみたいでビックリ仰天ですわ。通信設備会社からの回収品で桁違いの値段の機械がNFアナライザーっていう物らしいんですわ。

これ一台の新品の値段を聞いたら百万円をオーバーするって教えてもらい、ホンマ腰抜かすところやった。

おもわぬ臨時ボーナスで腕時計を買い換えてましたわ。
(大阪府 五十代 男性)

想像以上の値段で安心しました

電波測定を生業としております。何台か機器の入れ替え時期がきたので、将来的の事を鑑みて新品を購入しました。

以前はNFアナライザーは非常に高価だったのでレンタルしか使えなかったけれど、お陰様で商売の方も順調に伸びて今回初めて新品を用意する事になりました。

今まで使っていた機械は中古で買った物だったけど、想像していた金額以上買い取り価格を提示してもらって安心しました。

正直、買い取り依頼するのは今回が初めてなので何社か見積もりを取ったのですが、『業務用機械買取ドットコム』さんが一番条件が良かったのでお願いしました。

また機械の入れ替えする時にはよろしくお願い致します。
(千葉県 五十代 男性)

代表的な製品

NFアナライザー全般に価格は高めですが、市場流通価格の高い物は中古なら購入可能な人も多く、中古品が出ると即座に売れてしまいます。

製造メーカーも限られていて『キーサイト』社製品の独占状態です。現在入手可能の製品は7種類ございます。

価格や性能の差は最大周波数レンジに違いがあり、最小周波数レンジは全て10MHzですが、もっとも高性能ならば26.5GHzまで可能となっております。

付属品やオプション品

NFアナライザーに対するオプション品はノイズ・ソース用のケーブルぐらいしか必要としません。

ただしソフトウェアで機種別にアプリケーションが用意されております。

NFアナライザーの使い方

NFアナライザーの使い方

NFアナライザーは、雑音指数という雑音を計測する機械です。雑音と言ってもここではノイズのことであり、入力デバイスから出力デバイスまで通過するときに、どれぐらいのノイズが発生するか計測します。

ノイズは雑音とは言っていますが、この場合はマイクロ波測定に使われる機械であり、どれぐらい発生したマイクロ波をノイズによって劣化させるかを計測できます。

ノイズはどうしても入力デバイスでマイクロ波などを発生させると生じますが、アンプなどを使う場合も自然と発生し、これらの機器を製造するときにいかに雑音を少なくするか、そのような目的で計測するために使用します。

NFアナライザーの修理方法

NFアナライザーは、回路と基板などで構成されており、実際に計測するときはdBで表示されます。機械として回路や基板を使用していますので、故障した場合は自分での修理はほぼ無理であり、メーカー修理となります。